<< ローザス/ケースマイケル Elena`s Aria | main | Maison Dahl Bonnema サド国のオペラ >>

Il Giardino Armonico + ジョヴァンニ・アントニーニ

0
    Schloss Grafenegg 2011年7月23日

    Prélude
    Reitschule 17時30分〜18時30分
    Moderntimes_1800

    “Musica Enigmatica”
    Henrich Ignaz Franz von Biber (1664-1704)
      Sonate Nr.1 h-moll aus “Fidicinium sacroprofanum”
    Henry Pursell (1659-1695)
      Fantasia a quattro
    Heinrich Ignaz Franz von Biber
      Sonate Nr.4 a-moll aus “Fidicinium sacroprofanum”
    Henry Purcell
      Ouvertüre a cinque in G
    Heinrich Ignaz Franz von Biber
      Sonate Nr.11 g-moll aus “Fidicinium sacroprofanum”
    Henry Purcell
     Chaconay g-moll

    Auditorium 20時〜22時
    Il Giardino Armonico
    フルートと指揮 Giovanni Antonini

    “Viaggio Musicale”
    Dario Castello (ca. 1590-ca. 1658)
      Sonata XV a quattro (Venedig, 1629)
    Tarquinio Merula (1594-1665)
      Canzone a quattro “La Lusignola” (Venedig, 1615)
      Ciacona für zwei Violinen und basso continuo (Venedig, 1637)
    Dario Castello
      Sonata a quattro C-Dur (Venedig, 1629)
    Giovanni Legrenzi (1626-1690)
      Sonata II a quattro op. 10 (Venedig, 1673)
    Antonio Vivaldi (1678-1741)
      Concerto für Flautino, Streicher und basso continuo C-Dur RV 444
    Antonio Vivaldi
      Concert für Blockflöte, Streicher und basso continuo
      Tutti gli strumenti sordini c-moll RV 441
    Baldassare Galuppi (1706-1785)
      Concerto a quattro g-moll
    Antonio Vivaldi
      Concerto für Flautino, Streicher und basso continuo C-Dur RV 443

    細々と土曜日に出てくるクラシック音楽ネタ f(^^;)
    トーンキュンストラーは夏休みに入り
    イタリアから、バロック楽団の 出稼ぎ 客演。

    バロック音楽そのものは、別にメチャ好き、というワケではないので
    行かない予定だったのに、やっぱり、ナマの音楽が聴きたくて・・・(自爆)

    前座 プレリュードは
    Wiener Akademie のコンツェルトマイスター Ilia Karol 率いる楽団。
    バロックから20世紀音楽まで演奏するそうで
    2004年のウィーン芸術週間のオープニングでも演奏したそうだ。

    バイオリン2本、ビオラ、チェロ、コントラバスとチェンバロの編成で
    ハインリヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバーと
    ヘンリー・パーセルの音楽を交互に、約1時間。

    久し振りのバロック、気持ちが良い。

      実に気分良く、ゆっくりと寝ました(自爆)

    いや、あの、ただの言い訳だけど
    金曜日のコンテンポラリー・ダンスから帰ったら、真夜中過ぎだったし
    土曜日は、洗濯して、掃除して
    その上、植木鉢の下の絨毯が、めちゃ汚れているのに気がついて
    慌てて、絨毯掃除の液体を買いに走って
    車に飛び乗って、ガソリン入れて、ものすごい勢いでグラフェネックに飛ばして
    コンサート開始ギリギリのところで走り込んだので
    ともかく、何か、めちゃ、疲れていたのである(涙)

    今日の本コンサートは、野外ではなく、もともとオーディトリウム。
    そりゃ、バロック楽団で
    バイオリン2本、ビオラ、チェロ、ヴィオローネ(コントラバス)
    リュートにチェンバロ。
    独奏楽器が、ブロックフローテ(リコーダー)にソプラノ・リコーダーでは
    野外では、絶対に無理。

    前半は、弦楽、リュート、チェンバロの曲をいくつか演奏。

    テーマは「ベネチア」
    ポリフォニーの舞台としてのベネチア派は有名だし
    赤毛の神父さんヴィヴァルディ以外にも
    数多くの作曲家が華やかに活躍しただろう。

    ああ、何か、響きが、コンサート・ホールの中というよりは
    華やかなバロックの宮殿の中で
    優雅な貴族たちが集まっている部屋で
    楽師たちが奏でているみたい・・・(妄想です、妄想)

    前半の最後で、真打ち登場(笑)
    たて笛を手にした Giovanni Antonini

    この人が有名になったのは
    爆発的に売れた、この CD がきっかけだったと思う。




    日本のアマゾンでもあります → ここ

    後半もヴィヴァルディのソプラノ・リコーダーのための協奏曲を2曲。

    うううう〜っ、超絶技巧の大名人!!!!

    目もつかない速さでのパッセージの連続で
    息継ぎなんて、どこでしてるの?

    うっふっふ、こういう、どんな人が聴いても

      いよ〜っ、名人!!!! \(^O^)/

        ・・・という感じの曲、華やかで派手で、楽しいわ。

    超絶技巧というのなら
    ブライアン・ファーニホーという作曲家が居て
    この、新しい複雑法だか、複雑系だかという現代音楽は
    最も難しい、とは言われるものの
    そういう曲って、何の基礎も知らない、ただのシロウトの聴衆が聴いても
    何処が難しいのか、さ〜っぱりわからないんだもん。

    それに比べると、バロックの音楽は
    シロウトかどうかはともかく、ベネチアの裕福な商人たちの
    貴族趣味的なモノを満足させる
    サーカスちっくな要素をたっぷり含んでいる。

    すれっからしの現代人の私には
    ものすごく感動する、という深さは感じられないけれど

    ベネチアのバロックの館で、カツラ付けて、スカートの広がったロング・ドレスを着て
    扇子を片手に、楽師の奏でるメロディを堪能する、という楽しみは充分満喫。
    (すべて妄想ですが、それが何か?)

    外は小雨が降っていて、気温は16℃。
    この間までの30℃は何だったんだ?! という、寂しい気候。

    暑さが苦手なので、気温が低いのは、気にならないのだけれど
    太陽があまりに出ないと、めちゃ眠くなる体質の私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    人気ブログランキングへ


    冗談じゃなく、ホントに寒いんです。
    それに、ガソリンがまた値上がりしていて
    今や10リットルで15ユーロに近いから、財布の中まで寒い(自爆)



    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.26 Saturday
      • -
      • 23:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM