<< 驚愕 お客さまからの苦情 その (2) | main | トーンキュンストラーのチクルス >>

健康食品 サプルメント ヨーロッパ・マーケティング

0

    へっへっへ (@⌒ο⌒@)b

    厚かましくも、毎日、最後に頭を下げて
    ランキングにクリックお願い、と恥も外聞もなく叫んでいたら
    読者の皆さまが同情して下さって、上がったぞ(少し)

    が、今週はコンサートもオペラもないの・・・(涙)

    頑張って Volksoper とか
    国立オペラ座・・・の外のスクリーンに映るライブ・オペラとか(←無料)
    行けば良いのだろうが
    ちょっと、また、あの、仕事がアッハッハ・・・という時期になってきて

    その上

    最後の最後まで、しつこく、何回もパラノイア的に念押ししてあるにもかかわらず
    アホをやるサプライヤーが、またもや問題を起こしたり

    ウチの アホな 経理部が、おいおい、またか、というミスを重ねたり

      はい、ビジネス繋がりの皆さまはよくご存知で・・・ m(__)m
      もう、呆れて、脱力して、文句を言う気にもなれない。
      数年前から、社長も頭を抱えていて、何回も構造改革を重ねていて
      今、数回目の改革中なので
      ある程度、これが落ち着くまでは、我々の担当者が毎日変わるという
      泣くに泣けない状態

    ・・・ これ以上詳しい事を書くと
        業務上の守秘義務に抵触するから、止める ( ;^^)ヘ..

    さて、前置きが長かったけれど、本日は、ちょっと生意気ネタで。

    お題は



       健康食品(ないしはサプリメント)



    ありがたい事に身体は至って丈夫で
    内臓系の大病は全く経験がないし
    会社のスタッフが全員、次から次に風邪でぶっ倒れた時も平気だったし
    ハードな仕事が続いても、精神的にはともかく、身体はビクともしなかった私にも
    実は弱点がある。(頭が悪い、顔が悪い、根性が悪い、というのは別として

    腰椎がぶっ壊れていて
    それに伴う麻痺とか、最近は更にリューマチとか関節痛が・・・

       ↑ ただの老化現象

    もちろん、呼吸にも困難をきたすような状態の時は
    それなりに「お助け強力錠剤」を常備はしているのだが
    あまり、こういう強い薬は飲みたくない。何となく抵抗がある。

    そういう、ババ臭い話を友人にしていたら

     「僕も数年前まで、関節炎で大変だったけれど
      コレとコレを採るようになってから、完全に痛みから解放されたよ」

    なにっ (☆o☆)
    そんなに効くモノがあるの????

    すぐに連絡を取って
    同じものを取り寄せて、飲み始めて、数ヶ月経過。

    ・・・ 全然良くならないんですけど (-"-;)

    これって、アレですかね
    ヨーロッパ人と日本人の身体を構成している要素が違うとか?

    それとも、飲んでいなかったら、もっと悲惨な事になっていたのか
    ともかく、よくわからんが
    凝り性の私は、最初に1年分をまとめて購入してしまったので
    ともかく、それは続けて飲んではいる。もったいないから(自爆)

    効くか効かないかは、個人差がある。
    大金払って買ったサプルメントに、たいして効果がなくても
    そんなモンかもしれない、まぁ、仕方ない。別に文句は言わない。

    ただ、1回、なにがしかのサプルメントを購入しただけで
    その後、1ヶ月に1回くらいの割合で
    2社から、定期的に、分厚いカタログが送られてくる。

    ・・・しかも、ブツの送り先を会社にしておいたので
       会社に、送られてきて

         同僚が笑いながら、私のところに持ってくる。

    え〜っとですね。
    こういう、サプルメントをお求めになるのは
    こちらでは、年寄り 熟年の方々であって
    カタログの表紙から中身、後ろまで、載っている写真は

    全員、どう見ても80歳くらいだろ?と言う ジジババ 年配の方々ばかり。
       そりゃ、若い同僚が笑うはず・・・

    で、皆がシワシワの顔で満面の微笑みを浮かべ
    コレコレを飲んだら、痛みが止まりましたとか
    人生が明るくなりましたとか
    男の力が蘇りましたとか(隣では老婦人がニコニコしている)

    本文には、何とかを毎日採ると、記憶力が良くなるだの
    血行が促進されて、心臓・血管その他の機能が向上するとか

    まぁ、様々な「効果」のほどが大袈裟に
    この上なくドラマティックに語られている。

       「今まで、強い薬を飲んでいて、それでも改善しなかったのに
        これを飲み始めたら、症状はすっかり収まって
        まるで生き返ったみたい。もう、離せません」

    という内容の称賛を読んでいて
    ふと、首を傾げたのは、私だけだろうか??

    だって、それって、今まで医者に処方されていた薬への依存から
    その会社で販売しているサプルメントへの依存に変わっただけじゃないの?

    時間のある時に、色々なサプルメントの「劇的効果」の説明を読んでいると
    うわ、これ、私の症状と同じだし
    もしかしたら、これを買って飲めば、劇的に症状が改善されて
    突然、記憶力が促進して、頭脳が活発に動き始めて
    どんな困難にも、活き活きと立ち向かう明るい毎日を送れるのかも

        という、根拠のない希望に囚われる事がないとは言わない。

    もちろん、それを、わっはっは、そんなワケがないだろう、
    こうやって、年金暮らしのご老人にお金を使わせて儲けているのだな、
    と、冷静に見ている自分もいる。

    もちろん、それは重要な産業の1分野だから
    それを購入して幸せな人に、何かを言うつもりもないし
    症状が改善して、明るい毎日を送れるようなら素晴らしい事だ。

    日本の雑誌でよく見るサプルメントの広告も
    (キレイになる、痩せる、男性の力が蘇る、女性が発情する その他)
    同じようなモノなのだろう。
    ヨーロッパって、そういうモノは、日本のように爆発的に流行はしないけれど
    やっぱり、ハマる人もいるんだろうなぁ。

    いったい、何を言いたいんだ?と、読者諸氏から袋叩きにあいそうだが
    袋叩きの代わりに、下からクリック1回、ぜひ、よろしくお願いします。

    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.15 Sunday
      • -
      • 19:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM