<< 驚愕 お客さまからの苦情 その (1) | main | 健康食品 サプルメント ヨーロッパ・マーケティング >>

驚愕 お客さまからの苦情 その (2)

0

    誰も待っていないだろうが・・・

    お待たせしました (一応、形式 (^O^))

    友人が遭遇した、とんでもない個人旅行のお客さまの
    恐ろしい第二の事件、はじまり、はじまり。


    5つ星ホテルで、朝食を取らずにチェック・アウトしたお客さまが向かったのは
    田舎の古城ホテルである。

    でも、専用車による送迎サービスはオーダーせず
    列車で移動した後、駅からタクシーに乗る。

    タクシーにホテルのバウチャー(クーポン券)を見せて
    到着したホテルのフロントにバウチャーを出してチェック・イン。

         そこまでは、まぁ、普通の話である。

    普通でなかったのは



         タクシーが連れていったホテルが
          予約してあるホテルではなかった・・・・という事。

    更に、全然違うホテルが
    予約もなく、バウチャーも違うホテルになっているのにもかかわらず
    そのバウチャーを受け取って、チェック・インさせてしまったという

    いや、もう、お客さまでなくても

         えええええええっ! (+_+)

    と思う事態が発生したのだ。

    しかも3連泊 (あらら)

    もちろん、次の日、現地では大騒ぎである。
    だって、予約した宮殿ホテルは、ノーショーと言って
    お客さまが予約してあるのにも拘わらず、チェック・インしなかったのだし
    当然、キャンセレーション・フィーは100%かかってくる。

    しかも3連泊・・・・(絶句)

    まぁ、お客さまが、それで、最後の最後まで気がつかなければ
    それは、それで事なきを得たのかもしれないが
    責任感に満ちた私の友人は
    連絡が取れるようになったご帰国後に
    お客さまに

      予約してあった古城ホテルへのご宿泊がなされておりませんが
      どうかなさいましたでしょうか?

    爆弾爆発 ・・・・ (;°o°) *〜●。。。

      え〜〜〜っ?
      私たちのホテルって、楽しみにしていた宮殿ホテルじゃなかったの?!

    って、普通、違うホテルに宿泊していたら
    ホテルのあちこちに、ホテル名の表示があるだろうし
    部屋の注意書きとか、レター・ヘッドにも違う名前が書いてあるだろうし
    (まぁ、ヒルトンとかシェラトン系のホテルだと
     グループ名の書いてあるレターヘッドやアメニティという事はあるだろうが)
    何か、このホテル、違うんじゃないか、と気がつきませんかね?!
               気付かないですか、気付かないんですね。不思議だけど。

    さて、そこでお客さまからはクレームの嵐。

       「勝手にホテルを変えられた」

          はぁ? 誰がホテルを変えたって??

       「タクシーが連れて行ってくれたわけで」

        あの・・・ タクシーをご使用になったのはお客さまですよね?
        送迎サービスを承っていれば
        そんな事態は避けられたけれど
        自分たちで行ける、というので、ご自分たちで
        勝手にタクシーを拾って、ホテル名を言って、行かれたんですよね。

    旅行会社とタクシーの運転手の契約ではなく
    タクシー運転手とお客さまの契約事項であって
    そこで、タクシーの運転手が間違えても

    我々は一切、関知しないんですが・・・というより、できないんですけど。

      「これって私たちの落度ですか?」

         ・・・・正直、そうだと思う (-"-;)

      「誰か責任ある人に弁償して欲しい」

         ・・・・責任があるのは、お客さまだと思う。

    友人とお客さまのやりとりを拝見したが
    もう、はっきり言って、メチャクチャである。

    友人が正論を言うと、ヘンな逆襲がある。

       「緊急連絡先にご一報いただければ・・・」
       「え? だって、緊急連絡先への電話って有料でしょう?」

    うううん、確かに緊急連絡先への電話代は自分持ちには違いないが
    これって、手配側のミスでもないし
    (手配側は、ちゃんとご希望の宮殿ホテルを予約していた)
    間違ったホテルにチェック・インしてしまったお客さまのミス。

    最後に

      「納得できるように帰結できる事を願います」

    いったい、このお客さま、帰国後に何をして欲しいわけ?!

    いや、感情的には、わからないワケではない。
    確かにタクシーの運転手が悪い。
    確かに、違うバウチャーでチェック・インさせてしまったホテルも悪い。

    でも、もともとタクシーを使ったのはお客さまだし
    契約も予約もないホテルがチェック・インさせてしまったのは
    ホテルのミスであって、手配側のミスではない。

    感情的には賛否両論あるだろうけれど
    でも、手配側だって、納得できない後味の悪いケース。

    巻き込まれた C 嬢、お疲れさまでした。
    で、これ、帰結したんだろうか?

    ブログ・ランキング、今、ちょっと2重になっているのですが
    励みになりますので、同情でも、1クリック、よろしくお願いします。

    人気ブログランキングへ


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.14 Thursday
      • -
      • 12:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM