<< 芸術セッ○スの実践 セセッション | main | ルイージがドレスデンを去る理由 >>

ウィーン交響楽団 + ジョルジュ・プレートル

0

    Wiener Symphoniker
    指揮 George Prêtre

    Georges Bizet (1838-1875)
            Symphonie Nr.1 C-Dur
    Gustav Mahler (1860-1911)
            Symphonie Nr.1 D-Dur

    ジョルジュ・プレートルは、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮者として
    日本マーケットにも、かなり名前が知られたが

    私のプレートル・ファン歴は、そんなに浅いもんじゃない (~^~)エッヘン

    2008年のニューイヤー・コンサートの指揮者として立った時には
    みんな「誰ですか、それ」とか言っていたんだもん。
    それ以前から、プレートルが指揮台に立つコンサートは、ほとんど行っていた。

    同じプログラム(ビゼーとマーラー、それぞれの交響曲1番)も
    数年前に行った事がある。確か昔のサイトに記事が残っているはず。

    さて、コンサートに頻繁に行っていると
    体調やその時の気分などで、感激したり、あんまりピンと来なかったり・・・

    そんな中で、たまに「奇跡」に遭遇する事がある。

    最初のビゼーから

      ナニ? これ??? (+_+)

    ウィーン交響楽団の持つ、輝くような明るい音色がホールを満たす。

    この「輝く音色」は
    オーケストラのメンバー全員が、120% の力を発揮した時に
    ものすごい印象を持って広がっていくのだ。
    プロの矜持で職業的に「巧く」演奏するだけでは、この音は出ない。

    ウィーン交響楽団の弦って、こんなに良かったっけ????
    (失礼な奴だ (゜゜☆\(--メ)ポカッ)

    管が名人揃いなのは、よく知られた事実だが
    今日の弦の音、明るくて輝いていて、喜びに満ち溢れて活き活きと撥ねる。

    ビゼーの交響曲1番は、音楽的にはさして深いものではないし
    あくまでも、教科書に載っている規則に従って作りました、という
    よく出来てはいるけれど、だから? という曲ではあるのだが
    それを、しかも、繰り返しまでやって、退屈させずに聴かせる。

    時々、リズムがボロッとズレて
    何も見えない席で聴いていても
    あ、プレートルがタクトを取っていないな、とか
    リハーサルと違うテンポを指示しているのかな(笑) とか
    結構、想像しながらニヤニヤしてしまう。

    そんな細かいテンポのズレなんて
    全体で醸し出す音楽性に比べたら、全く気にならない。

    後半に演奏されたマーラーの交響曲1番。
    滅多に遭遇しない「奇跡」が舞台にも観客にも間違いなく起こったと思う。

    ウィーン交響楽団のマーラーに
    プレートルの音楽性が加わって、その音楽性に「乗った」オーケストラのメンバーが
    自分の能力以上の音楽を出し尽して演奏した、としか思えない。

    最初の弦のピアニッシモから、何と透明な響き・・・
    管の見事な絡み合い、狂いのないアンサンブル
    途中の息の長いフレーズの歌わせ方
    (舞台見えないけど、いったい、どういうボーイングしたら、ああなるの?!)
    ピアニッシモとフォルティッシモの明確な対比。
    思い切り鳴らしているのに、うるさくならず、爆発的なエネルギーを持つフォルティッシモ。

    ゴホゴホ、あちこちで咳が多いコンサートで
    ものすごく気になったのだけれど
    さすがに、最後の方になってきたら、咳も少なくなってきて
    全員が、魅入られたように音楽に集中しているのがわかる。

    私は、背筋がゾクッとした・・・ だけではなくて
    良い意味で、全身に鳥肌がたった(ホントです)

    プレートルについては
    前世紀の遺物だとか、現代に残った最後の巨匠だとか
    けっこう、いろいろと、皮肉っぽく書いていたけれど
    このコンサート聴いちゃったら、そんな皮肉な事、書けません f(^^;)

    野心とか、ほらほら、見ろ見ろ、という雑念が一切ない(だろうと思われる)
    音楽に対する純粋な「愛」が見える。
    (ちょっと書いていて照れるけれど、あれだけ純粋な「音楽」も滅多に聴けない)


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.26 Saturday
      • -
      • 15:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM