<< ミュージカル「キャバレー」ゲネプロ | main | 国立バレエ「シルヴィア」今シーズン2回目 >>

国立バレエ「シルヴィア」今シーズン一回目

0
    Wiener Staatsballett/Wiener Staatsoper
    2019年9月13日 19時30分〜21時50分

    SYLVIA
    Ballett in drei Akten
    振付 Manuel Legris nach Louis Mérante u.a.
    ドラマツルギー・リブレット Manuel Legris, Jean-François Vazelle
    nach Jules Barbier und Baron Jacques de Reinach
    音楽 Léo Delibes
    舞台・衣装 Luisa Spinatelli
    照明 Jacques Giovanangeli
    指揮 Kevin Rhodes

    シルヴィア Nikisha Fogo
    アミンタ Denys Cherevychko
    オリオン Davide Dato
    エロス Géraud Wielick
    ダイアナ Madison Young
    エンデュミオン Zsolt Török
    妖精 Dumitru Taran
    ナイアド Elena Bottaro *
    2人の狩人 Ioanna Avraam, Alice Firenze
    農民の娘 Sveva Gargiulo
    農民 Arne Vandervelde
    羊飼い Nicola Barbarossa
    ヌビアの奴隷 Anna Manolova, Fiona McGee

    サターンたち Martin Dempc, Marian Furnica, Hanno Oppermann, Andrey Teterin
    樹の精 Nicola Barbarossa, Andrés Garcia Torres, Trevor Hayden, Arne Vandervelde
    ドリアード Natalya Butchko, Sveva Gargiulo, Fiona McGee, Isabella Lucia Severi
    ナイアド Anita Manolova, Xi Qu, Joana Reinprecht, Rikako Shibamoro
    狩人 Vanessza Csonka, Adele Fiocchi,Gala Jovanovic,
    Oxana Kiyanenko, Zsófia Laczkó, Eszter Ledán, Suzan Opperman,
    Xi Qu, Alaia Rogers-Maman, Rikako Shibamoto, Iulia Tcaciuc, Chiara Uderzo
    ウエスタの乙女 Marie Breuilles, Laura Cislaghi, Andrea Nemethová *, Flavia Soares
    農民の娘たち Emilia Baranowicz, Natalya Butchko, Joana Reinprecht,
    Isabella Lucia Severi, Anna Shepelyeva *, Oksana Timoshenko,
    Liudmila Trayan *, Beata Wiedner
    農民たち Giovanni Cusin, Marat Davletshin, Andrés Garcia Torres,
    Darius Gramada *, Trevor Hayden, Igor Milos, Tristan Ridel, Narvin Turnbull
    ヌビアの奴隷たち Natalya Butchko, Suzan Opperman, Xi Qu,
    Alaia Rogers-Maman, Rikako Shibamoto, Chiara Uderzo

    Wiener Staatsballett
    Orchester der Wiener Staatsoper

    今年1月24日に8回目を鑑賞したシルヴィアの再演。
    主要キャストの変更はなし。

    いや〜、安定した公演というか
    そうなのよ、こういうのが夜の楽しみというモノなんだわ(違!)

    超安貧民席が売り切れだったので
    ちょっと贅沢して、平土間ロジェの結構良い席を買ったので
    立たなくても見えるし

    来ている人たちが、地元のちょっとお金持ちって感じで
    (たぶん、アボで色々な公演を同じ席で見るタイプの年配ご夫婦とか)
    ここも、年配の社交倶楽部と化していたりして
    それはそれで、微笑ましい。

    最初のシーンが
    マディソンの踊るダイアナ ❤
    あ〜、本当にもう、何と美しいダイアナ ❤❤❤

    正に神話の世界を体現している。
    しかも、ダイアナって
    最後のところでは、ちょっと怖いお局さまに化すのだが
    最初のシーンはエンデュミオンとの恋の回想。

    エンデュミオンはゾルトだったのだが
    何と美しいカップル。
    これこそバレエの醍醐味と言わずして何と言おう(感激中)

    シルヴィア登場のワクワクするシーン。
    勇壮な音楽に乗って
    美しきアマゾネスの一軍が弓を持って踊る中に
    輝くようなシルヴィアの登場。
    ニキーシャの重力を感じさせないジャンプの連続。

    しかも、あの長いソロを
    微塵の「苦労」も感じさせずに踊る技巧。

    身の軽さ、動きのキレ、若々しさと希望に満ちて
    でも、神族の一員としてのプライドも持って
    凛としたシルヴィアだけど
    キュートで、ちょっと人間っぽくって
    胸キュンのロマンスの主人公にぴったり。

    デニスのダンスの安定感と
    ビクともしない体軸は
    いつ見ても感嘆する。
    絶好調で、あのピルエット連続技とか
    アントルシャとか
    惚れ惚れするわ。

    ライバルのオリオンのダヴィデ。
    このダンサーの技術の凄さと言ったら
    あまりに巧いので
    超絶技巧のジャンプもピルエットも
    完璧に楽々(に見える)こなしてしまうので

    ものすごく自然に見えて
    超絶〜っ、わ〜、スゴイ、という感じにならない。
    巧すぎて、あまりに普通に見えちゃうのである。

    いや、スゴイ事なんだけど
    これはダンサーとしては幸福なのか不幸なのか・・・

    ジェローのエロス神については賛否両論があるだろう。
    あまり威厳はないけれど
    いや、本人は威厳を出そうと極力努めてはいるのだが
    威厳なくても、多少なりとも神々しい感じは出ている(と思う)
    私はジェローのエロス神、嫌いじゃない。
    エロスというよりは、もっと純粋な感じがするので
    あまり色気というのはなくて
    どちらかと言えばキューピッドに近い印象を持つが。

    ナイアドにエレナがデビュー。
    ドミトルとのリハーサルは
    国立オペラ座のオープン・デイで
    ばっちり見せてもらっている。

    長い手足がヒラヒラと美しい。
    妖精っぽさも充分あって素晴らしい。
    ただ、まだ顔に張り付いたような笑顔が
    おお、頑張ってるな、って感じか。
    今日が初舞台だから、緊張していたのかも。

    ところで本日はオーケストラが良かった。
    最終公演1月で間が空いていたので
    再演の初演だからオーケストラはボロボロかと思ったら
    各所のソロも見事に決まり
    デリーブの美しいメロディ・ラインも
    ウィーン・フィルらしい優雅さで演奏してくれて

    この水準のオーケストラなら
    バレエも非常に映える ❤

    きゃぁきゃぁ騒いでいるけれど
    苦手な恋愛モノじゃなかったんかい、という
    ツッコミが入りそうだが

    ダイアナは自分のキャリア(?)のために
    恋を捨ててますから(笑)

    そういう過去があるのにもかかわらず
    (まぁ、エロス神に思い起こさせてもらってはいるけれど)
    若いシルヴィアの恋は許す、というところが
    バラの騎士のマーシャリンみたい。
    (根本的な誤解があるが、そこは突っ込まないように)

    だからこそ
    若い女性社員の恋路を邪魔する
    キャリアのために自分の恋を諦めたお局さまの
    サラリーマン物語にもなってしまう危険性があるのだが

    マディソンがダイアナを踊ると
    あまりに美しすぎて
    「神話」感がバッチリ出てきて
    現実感が薄れるのは喜ばしい。

    明日はオルガさまとヤコブの黄金カップル登場。
    ダイアナがケテヴァンで
    エンデュミオンが驚きのローマンで
    (何故にローマンがエンデュミオン役を踊るの???)
    最初のシーンがどうなるか
    (まぁ、多少年配の恋でも応援しますが(笑))
    ちょっとドキドキしている私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    友人たちと幕間に
    ストーリー云々の話になったのだが
    海賊もシルヴィアも
    女性一人に男性二人のパターン(その意味では似ている)
    それ言ったらジゼルも同じパターンで
    男性一人に女性二人のパターンはシルフィードですね(笑)

    読者はとっくにご存知とは思うが
    シルヴィアのプロモーション・クリップを貼り付けておく。
    キャストは入り混じっているので
    シルヴィアがニキーシャだったりオルガさまだったりするのだが
    どうぞお楽しみ下さい。




    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.26 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM