<< シャハー・ビンヤミニ オハッド・ナハリン | main | ウィーン交響楽団 + ユリアン・ラックリン Friday@ >>

「海賊」国立バレエ 今シーズン5回目

0
    Wiener Staatsballett/Wiener Staatsoper
    2019年5月19日 19時〜21時40分

    LE CORSAIRE
    Ballett in drei Akten
    振付 Manuel Legris
    舞台・衣装 Luisa Spinatelli
    照明 Marion Hewlett
    ドラマツルギー Manuel Legris, Jean-François Vazelle
    音楽 Adolphe Adam u.a. ausgewählt von Manuel Legris und
    zusammengestellt von Igor Zapravdin
    指揮 Valery Ovsyanikov

    Conrad : Jakob Feyferlik
    Médura : Olga Esina
    Gulnare : Kiyoka Hashimoto
    Lanquedem : Dumitru Taran
    Birbanto : Richard Szabó
    Zulméa : Sveva Garguilo
    Seyd Pascha : Eno Peci
    Drei Odalisken : Elena Bottaro, Anita Manolova, Rikako Shibamoto
    Korsaren: Leonardo Basílio, Giovanni Cusin, Marian Furnica, Trevor Hayden,
    Tristan Ridel, James Stephens, Narvin Turnbull, Arne Vandervelde,
    Géraud Wielick
    Pas des Forbans: Gala Jovanovic, Oxana Kiyanenko, Marian Furnica,
    Igor Milos
    Walzer: Oxana Kiyanenko, Suzan Opperman, Alaia Rogers-Maman
    Madisson Young

    先回5月17日と同じキャストで
    アンドレイ(テテリン)がキャンセルして
    代役で有望新人ナヴリンとベテランのイゴール
    ベテランのガボールもキャンセルで、アレクシスが代役。
    ただ、主要キャストに変わりはない。

    というワケで、感想は5月17日と似たようなものになる。

    だから別に書かなくても良いかなぁ・・・とは思ったのだが
    個人メモだから、一応書いて置く(時間経っちゃったけど(汗))

    オルガさまが出れば
    私は1人、客席であまりの気品と美しさに悶絶している。

    ヤコブはすごく安定して来た。
    手足長いし、動作が優雅で演技も出来るし
    グラン・パ・ド・ドゥであれだけ安定すれば
    スターになる資質は充分にある。

    ただ、今回はオーケストラがあまりに酷かった。
    再演の最初の日も
    何じゃこりゃ?という感じだったけど

    今日の公演、オルガさまのソロの最後の部分で
    繰り返しを間違えて
    一部のオーケストラ・メンバーが
    全然違う箇所を演奏していて

    現代音楽ポリフォニーの世界がそこに・・・

    指揮者は焦ってオーケストラを煽るし
    もう、どうなる事やら
    不協和音の連続を聴きながら気が気じゃなかったわ。

    橋本清香嬢の凛とした美しさも素晴らしい。
    あの気品は、愛人グイナーレにはちょっと不向きかもしれないが
    清香嬢のポーズの安定性と
    鉄壁の技術には、いつも目を剥く。

    最近は、スタイルだの見た目の美しさだの
    キュートだとか、綺麗だとか書くと
    人の見た目について、何も言っちゃいけません、という
    まぁ、私にとってはありがたい風潮ではあるのだが

    でも、バレエ・ダンサーって
    見た目の美しさも含めて
    肉体の芸術じゃないですか(断言)

    生まれて持ってきた資質も当然ながらあるし
    でも、その資質を最大限に活かして
    日々のトレーニングで鍛え上げた肉体の美しさは
    もう、それだけで芸術じゃないですか。
    それを褒めずして、芸術の楽しみはない。
    ・・・・・ような気がするんですけど
    それって間違ってますかね?(自信がない)

    ダンサーだって
    正しい訓練で鍛え上げられた
    芸術としての自分の筋肉を見て
    賞賛して欲しい、という要望はあるんじゃないかしら・・・
    (クラシック・ダンサーはわからないけれど
     コンテンポラリーのダンサーは
     絶対に間違いなく「ほら見て見て見て見て」という
     限りない欲望というか露出癖というか
     そういうものがあると思う。
     でなけりゃ、コンテンポラリーの
     あのハダカの多さはあり得ない。)

    今回のオーケストラの演奏はいただけなかったが
    でも、この音楽、実はすごくチャーミング。
    アドルフ・アダンと言えば
    ジゼルの音楽で有名だが
    この「海賊」の音楽も素晴らしい。

    この演目も、今シーズンはあと2回。
    5月23日はリュドミラとロベルトのカップリングで
    木本全優クンがビルバントを踊る。
    (ちなみにチケットは売り切れ)
    27日には、何とダヴィデのコンラード・デビューと
    ニキーシャのメドゥーラにナターシャのグイナーレ
    トリスタンのランデケムという
    ヨダレが出そうなキャスティングなのだが
    何回か書いた通り、他のコンサートとぶつかるので行けない(涙)
    (どうせチケットは売り切れだが・・・)

    6月はトリプル・ビルで
    マクミラン・マクレガー・アシュトン
    アシュトンのマルグリットとアルマン
    マーシャがファースト・キャストに予定されていて
    (踊って欲しい!!!)
    ニナ(ポラコヴァ)とリュドミラが続く。
    アルマン役はヤコブが2回、ニナ(ポラコヴァ)の日はロベルト。

    ・・・考えてみたら
    6月なんて、もうスグじゃないの(汗汗汗)

    提出するプロジェクトの準備や分析
    シンセサイザーのプレゼンテーションやら
    何だかワケわからない。
    (いったい、今学期、何を取ったのやら(笑))

    まぁ、何とかする他ないわ、と
    楽観主義振りを発揮するアホな私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.20 Wednesday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM