<< ウィーン・フィル + アダム・フィッシャー 1回目と2回目 | main | 白鳥の湖 今シーズン3回目 >>

ピノキオ フォルクス・オーパー

0
    Volksoper 2019年2月24日 16時30分〜18時15分

    PINNOCHIO
    Oper in zwei Akten
    Text von Paolo Madron
    nach Le avventure di Pinocchio von Carlo Collodi
    Musik von Pierangelo Valtinoni
    Deutsche Fassung von Hanna Francesconi

    指揮 Guide Mancusi
    演出 Philipp M. Krenn
    舞台 Nikolaus Webern
    ビデオ Andreas Ivancsics
    衣装 Julia Schnittger
    振付 Bohdana Szivacz
    児童合唱団・青年合唱団指導 Brigitte Lehr

    ピノキオ Juliette Khalil
    ジェペット Daniel Ohlenschläger
    雄猫 Elvira Soukop
    狐 Jakob Semotan
    マンジアフオッコ Maximilian Klakow
    ルチノーロ Paloma Siblik+
    マンジアフォッコのアシスタント Markus Schiefer++, Leonid Sushon++
    コロンビーナ・かたつむり Sarah Weidinger++
    プルチネラ・屋台のおやじ Anton Puschka++
    医者 Antonia Ullreich++, Anna Grobauer++
    魚 Antonia Deuter++

    Orchester der Volksoper Wien
    + Mitglied der Kinderchor der Volksoper Wien
    ++ Mitglied der Jugendchor der Volksoper Wien

    2017年11月に初演された、フォルクス・オーパーの
    子供向けオペラ「ピノキオ」
    子供向けだから、観客のほとんどは子供で
    それに両親やジジババが付き添ってくる感じ。

    子供もいない私が、なぜ、この演目に出かけたかと言うと
    大学の同僚が出演しているから。
    将来、オペラ歌手を目指しているキュートな子で
    ともかく、むちゃくちゃ可愛い。

    子供向きオペラなので
    出演者もフォルクス・オーパーの児童合唱団と
    青年(女性もちろん含む)合唱団が中心になっている。

    いや〜、なんか、こう
    孫の活躍を観に、いそいそと出かけるおばあちゃんという役割だわ。
    (あの年齢だと、子供と言うより孫だわよ)

    どこで歌っているのかと思ったら
    結構、大きな役をもらって
    演技しっかりしてるし
    ダンスできるし(ポイント高い!(笑))
    背が高くて可愛いので舞台で目立つし
    声は美しいし(まぁ、マイク付きなので声量は不明)
    うはうはうはうは
    いや、はしたない、心の声がダダ漏れになった ^^;

    1回の休憩入れて1時間45分の演目。
    意外や意外に、音楽はずっと歌いっぱなしで
    ほとんどセリフはない。

    けれど、音楽が、すごくゴキゲンである。
    作曲家のピエランジェロ・ヴァルティノーニは60歳。
    イタリアのヴィツェンツァ近くに生まれ
    オルガン、合唱、作曲をボローニャ、ベニス、パドゥアで修め
    現在はヴィツェンツァの音楽大学の副学長とプログラムに記載がある。

    ピノキオは2001年に1幕ものとして作曲されて大成功。
    2006年に2幕にして、ドイツのコーミッシェ・オーパーにて初演。
    ハンブルク、香港、マドリッド、ミュンヒェン、モスクワ等でも上演されている。

    ピノキオの話は有名だが
    オペラは、その中からいくつかのエピソードを中心に
    子供の関心を逸らさないように
    コンパクトに、また、目を引くように作られていて
    これは大人が見ても楽しい ♡

    オーケストラは最初、舞台と同じ高さにあって
    だんだんオーケストラ・ピットに下がっていく。
    ピノキオ誕生の話から
    サーカス団でのストーリー
    街の中でバッグを奪われて
    鳥に連れられて冬の真っ只中
    カタツムリの家に入れてもらおうとするけれど
    カタツムリはのろまなので
    なかなか入れてくれないうちに
    ピノキオはゆきだるまになって休憩。

    鳥に連れられていく場面がビデオである。
    このビデオが、もう、ものすごく魅力的。

    フォルクス・オーパーのサイトには
    演出家や歌手、アニメーターが説明しているビデオがあるのだが
    なにせ、この演目、ジモッティがターゲットなので
    すべてドイツ語で・・・

    ピノキオ役が、自分のアバターと一緒に出ているフィルムがあるので
    貼っておく。
    アニメーションもちょっと出てくるし
    ドイツ語わかる方はお楽しみ下さい。



    妖精によって人間になったピノキオは
    学校に行きたくなくて
    冒険して危険な目にもあって
    凍えて病院に入るけれど
    妖精が薬を飲めと言うのに、嘘をついて飲まないので
    鼻が伸びてしまい
    抜け出したら、つかまって大砲で打たれて
    海の中に落ちて
    最後はパパを助けるためにクジラのお腹の中に入って
    というストーリー。

    エネルギーに満ちて、学校キライで
    頑固で冒険好きで
    誰にも止められない魅力的なピノキオ。
    アバターはワシに乗ったり、宇宙に行ったり
    水の中に行ったりするけれど

    この水の中のタコがむちゃくちゃ可愛くて萌えた。
    だって、まばたきするんですよ、このタコ。
    しかもビデオと同時に
    ちゃんと子供たちが魚になって下に出てきて
    何とも不思議な一体感。

    (タコのアニメーションに興味がある方は
     ビデオ担当のクリップがあるのでどうぞ。
     昨今の技術ってすごいよねぇ。)



    いやぁ、楽しいわ。
    子供による子供のためのオペラというスタンスだが
    出てくる児童合唱団や青年合唱団のメンバー
    みんな芸達者だし、歌上手いし
    楽しんでやっているのが見えるし

    子供あんまり好きじゃないんだけど
    こういうの見ちゃうと、子供が可愛いとか思えるのは
    私が歳を取った証拠なのであろう。

    ロングランの演目になっていて
    子供はジッとしていられない子も多いので
    結構ざわざわ煩かったりするけれど
    (私の周囲は静かだった)
    全然気になりませ〜ん (^^)v

    ドイツ語わからなくても
    たぶん、ストーリーは追えるし
    場面が楽しいし、ビデオが楽しい。
    出てくる子供たちも可愛い。
    大人の歌手もチャーミングで役柄にぴったり。
    ピノキオも魅力的だったけれど
    妖精役の女性が妖艶で、ちょっとマリリンみたいで素敵(笑)

    若い子供たちや若い歌手たちも
    踊って歌って大活躍。
    何回も見たい、とは思わないけれど
    子供時代のはちゃめちゃを思い出したくなった時には
    大人にも充分に楽しめる演目。

    先週末にコンサートの際
    どうも隣の人から風邪をうつされたらしく
    せっかく先週、やっと治ったと思っていた風邪が
    今度は咳じゃなくて
    鼻と喉に来ていて
    来週1週間、まだ大学休みで良かった・・・と
    ゼイゼイ言いながら
    しっかり休むつもりの私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    大学は3月からだけど
    来週はほとんど毎日、ナイト・ライフだけはある・・・

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.15 Sunday
      • -
      • 22:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM