<< クラング・フォールム | main | 国立バレエ「シルヴィア」2回目 人生相談編 >>

ウィーン交響楽団 + フィリップ・ジョルダン

0
    Musikverein Großer Saal 2018年11月11日 19時30分〜22時

    Wiener Symphoniker
    Singverein der Gesellschaft der Musikfreunde in Wien
    語り手 Markus Meyer
    テノール Cyrille Dubois
    バリトン Florian Sempey
    ピアノ・ソロ Ingrid Marsoner
    指揮 Philippe Jordan

    Hector Berlioz (1803-1869)
     Symphonie fantastique, op. 14 Episode de la vie d’un artiste
     Lélio ou Le Retour à la vie, op. 14b
      Monodrame lyrique, Text von Hector Berlioz

    現代音楽の音のお風呂から出て
    楽友協会に駆け付ける。う〜、何とか間に合った。

    ウィーン交響楽団のコンサートで売り切れという珍しい現象。
    (あ、すみません、バカにしている訳ではなく、むにゃむにゃ)
    今回のコンサートはコーラスが出るし
    だいたいコーラスが出ると、その家族知り合い友人等が大挙して来る
    というのが通例になっている。

    しかし面白いプログラム。
    ベルリオーズは、実はとんでもなくすっ飛んだ作曲家だと思うのだが
    幻想交響曲以外、あまりコンサートで演奏される事がない。

    幻想交響曲に続けて演奏すべし(よって作品番号が 14b である)という
    レリオは
    大昔、確かグラーフェネックの音楽祭で聴いた記憶がある。

    俳優さんが、ドイツ語で語り
    その間にピアノ伴奏でテノールのリートが入り
    オーケストラの曲が入り、バリトンのソロが入り、という
    大豪華版で、もちろん演奏時間も長い。

    最初の幻想交響曲は
    あ〜、そりゃ巧いです、ウィーン交響楽団の管楽器軍団が
    むちゃ張り切って、すごい音を聴かせてくれるし
    木管掛け合いの第3楽章の距離感が素晴らしかった。
    もうちょっと会場の咳き込みとかが少なかったら
    フランスの田舎の空気を感じられたかもしれない。

    ただ、オーケストラの本領発揮は後半だった。
    メンバーが、幻想の演奏には、ちっ、またこの曲か、とか
    思っていたのかどうかはわからないが
    レリオの方は、たぶん、ほとんど演奏されないので
    ものすごく張り切って
    はっちゃけて、はじけて、ほとんどやけっぱち(笑)

    いやいや、元気でとてもよろしい。

    テノールが優秀だったわ。
    リリック・テノールで、かなり高い音(たぶん c)が何回かあるんだけど
    声の領域をちゃんと変えて
    最初がちょっと不安定だったものの
    続く部分は、しっかりと美しい声で歌ってくれてハートがドキドキ。
    ともかく声がリリックで甘いのである。
    見た目がどうかはわからないが。
    (すみません、舞台見えない席なので)

    コーラスはいつもの楽友協会の、超優秀な合唱団だから最高。
    俳優さんは、ちょっと癖がある話し方だが
    シェークスピアになぞらえた物語を
    詩的にドラマチックに聞かせてくれる。

    うははは、これも楽しいじゃないの。
    幻想の後、生き返った詩人の話なのだが
    最後は、伝統的トナールの、ベートーベンかキミは、みたいな
    ノリノリの元気一杯で盛り上がるので
    (もしかしたらストーリー違うかもしれない。
     調べていないので、お許し下さい)
    最後のシェークスピアのテンペスト幻想曲が
    ともかく、ド派手で、ベルリオーズの変人振りが爆発している。

    何でもありだな、この作曲家は。

    もちろん、ベルリオーズの指示では
    オーケストラも歌手もカーテンの後ろ、とあるが
    楽友協会、カーテンありませんから(笑)
    ・・・貧民用の舞台が全く見えない席はあるけど。

    という訳で、こちらも目一杯(耳一杯?)楽しんで
    日中むちゃくちゃ怠けたものの
    楽しい週末を過ごした私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    ベルリオーズ復活の傾向があるなら
    イタリアのハロルドをやらないかなぁ、と思っていたら
    このチクルスの次のコンサートが
    タメスティのソロで、ばっちりイタリアのハロルド!!!
    うわあああい、楽しみだぁ \(^o^)/

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.15 Sunday
      • -
      • 23:50
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM