<< ウィーン国立バレエ ヌレエフ・ガラ その1 | main | ウィーン国立バレエ ヌレエフ・ガラ その3 >>

ウィーン国立バレエ ヌレエフ・ガラ その2

0
    Wiener Staatsoper / Wiener Staatsballett
    2018年6月29日 18時30分〜22時50分

    NUREJEW GALA 2018

    プログラムとキャストの詳細を見たい方は
    昨日分にプログラムをスマホで撮って
    縦横反対で(意図的ではありません)アップしていますので
    それをご覧下さい(手抜き最高潮)

    第2部はアシュトンのマルグリットとアルマン。
    ピアノは滝澤志野ちゃん ♡

    この演目もリュドミラやニナ(ポラコヴァ)や
    アルマン役はヤコブとローベルトで何回か観たが

    今回はロイヤル・バレエから
    マリアネラ・ニュエスとワディム・ムンタギロフが出演!!!!

    え〜っと、結論から言うと
    作品そのものが違うんじゃないか、という位のショック。
    (ウィーン国立バレエ団のダンサーがヘタクソという訳ではないが)

    マリアネラとワディムの繊細な表現
    移り変わる感情の動きが
    自然にバレエに乗っていて
    こんな感情移入できるマルグリットとアルマンって・・・初めてだわ。

    あまりに自然すぎて
    演技とかバレエとか頭からすっぽり抜けた。
    そのまま作品に入り込んでしまったような印象。

    マリアネラって持っているオーラは明るいのに
    アルマンの一途な愛情に惹かれていく有様の見事なこと。
    歳上の病弱なマルグリットを庇い
    愛情を注ぐアルマンの優しさ(激情よりは優しい)を
    ワディムが、全く体操っぽさのないバレエで
    何と芸術的に表現する事か・・・

    志野ちゃんのピアノが今日は一段と冴えて
    途中の長いソロの煌めくような美しさのピアノで
    アルマンとマルグリットが愛を確かめ合うところなんか
    もう涙なしには観られないわよ。

    おとうさん役は今まではシショフがやっていたが
    今回は何故かローマンで
    いや、ローマン、すごく上品で良いんだけど
    きっぱりと息子のために断る冷たいおとうさん、というイメージじゃないわ(笑)

    うわあああ、こういうダンサーで観てしまうと
    もう、他のダンサーじゃ観られないわ、この作品・・・

    あまりにあまりに完璧すぎる。

    バレエの素晴らしさもさることながら
    ロイヤル・バレエ仕込みの洗練された細かいところまでカバーしている
    卓越した演技力が、演技と感じさせないリアルさを生んで
    あああ、この作品って、こういう作品だったのか・・・

    第3部はフォルクス・オーパーで上演していた
    ストラヴィンスキー・ムーブメントの一部から。

    最初のジェローのソロが圧倒的。
    何というしなやかさ。
    動きの魅せ方が巧くて息を飲む。

    次はルグリ振付の「海賊」
    リュドミラとローベルトのパ・ド・ドゥ。
    美しいカップルだけど、まぁこれは結構繰り返して観た演目だし。

    ペール・ギュントは第一幕最後の
    ペール・ギュントとソルヴェイクのパ・ド・ドゥ。

    ダヴィデ復活!!!!! \(^o^)/
    昨年のヌレエフ・ガラで大怪我してから1年。
    本当に長かった・・・

    あの時にニナ(トノリ)と踊るはずだったペール・ギュント。
    今度はニナ(トノリ)が怪我で休んでいるのが残念。

    ソルヴェイクはニナ(ポラコヴァ)が踊ったが
    う〜ん・・・ ソルヴェイクってイメージじゃない。
    (私はソルヴェイク役はアリーチェでずっと観ていたので
     自分の中でアリーチェのイメージがこびりついているかも)

    ダヴィデの肉体の美しさ、動きのキレ、しなやかさは健在。
    大怪我から、やっと戻って来てくれて、私は嬉しい。

    ノイマイヤーの OPUS 100 は
    ハンブルク・バレエ団から
    アレキサンドル・リアプコとイヴァン・ウルバンのコンビ。

    あああああ、リアプコさま
    この間のノイマイヤー・バレエの時には出演していなかったから
    すごくすごくすごく久し振り。

    サイモン・アンド・ガーファンクルの友情を称えたソングで
    (これはテープだった)
    この上なく美しく語られる男性2人の愛情物語。
    あああ、もう腐女子としては悶絶。

    リアプコとウルバンの肉体の美しさと言ったら
    人間の身体って鍛えるとあそこまで芸術に昇華するのか。
    しかもその動きの活動性と喜びの表現が
    切々と心に迫ってくる。

    同性愛とか偏見を持っている人もいると思うんだけど
    異性間であれ、同性間であれ
    愛は尊いし美しい。
    (いやもう、実際、ここまで愛し合ってみたいものだよ。
     別に愛されてない、とか文句言ってる訳じゃないが(自爆))

    ちょっとだけ、Youtube にあったので貼っちゃう(うふふふふ)
    出だしの部分だが、もう、これだけでも悶絶モノ。
    (クリップはリアプコは踊っている。今回はパートナーは違う)



    今日のアップ分はちょっと短いが
    明日はスミルノワ・チュージンのダイヤモンドから最後まで
    一気にアップするので
    また、バレエできゃぁきゃぁ言ってる、と呆れずに
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.07.15 Sunday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM