<< ウィーン放送交響楽団 + コルネリウス・マイスター | main | ウィーン・フィル + ラファエル・パヤーレ >>

(番外編)ドルトムントのコンサート・マーケティング

0
    ウィーンのリング通りではレインボー・パレード
    午後はコンツェルトハウスでウィーン・フィルと
    新進指揮者パヤーレに
    滅多に登場しないメゾ・ソプラノのガランチャというコンサート。

    で、ウィーン大学音楽学部では
    オープン・デイを開催(笑)

    しかも水曜日に「パンフレット出来たから配ってね」
    ・・・どういうマーケティングなんだか(爆笑)

    11時からのオープン・デイの講義シリーズは
    興味深いテーマも多かったのだが
    その中でも、学部長の講演が素晴らしく
    (私はこの学部長の大ファンである。
     昨日の夜は試験の後に講義室の机を学部長と一緒に運んだのだ)
    その例として取り上げられたクリップに爆笑してしまった。

    ちょっと普段のテーマから外れるし
    クリップは残念ながらドイツ語なのだが
    ここでご紹介したい。



    ドイツ語がわからなくても、爆笑だと思うのだが
    簡単に解説すると

    ドルトムントでコンサート・ホールを作ったが
    工業地帯の住人の、
    誰がクラシック音楽を聴きたいと思うだろうか。
    (市内の人たちを映している。いや、ちょっと、わはは、あのね・・・)

    でも全く問題はない。
    我々はコンサートのプロモーションに
    最も健康的な食品、ミルクを使う事にした。

    牛がクラシック音楽を聴くと、ミルクの質が良くなる事は
    学問的に実証されている(註 実証されてません、念の為)

    そこで我々はまず牛にライブ・コンサートを聴かせる事にした。
    更に、高名な音楽家たちの演奏を録音で聴かせてみた。
    (ここで、牛のグループごとにイヴァン・フィッシャーとか
     フィリップ・ジャルスキーとか、内田光子が・・・・)

    このミルクを、音楽家ごとにボトルにして
    このボトルに、どの音楽を聴いたか
    次のシーズンでいつ音楽家が登場するかなどの情報を記載。

    このクラシック音楽ミルクはドルトムントの住民だけではなく
    他の地域の専門家たちも来て、試飲して、美味しいと評判で
    様々なメディアでも取り上げられた。

    ミルクがあまり美味しいので
    クラシック音楽に普段興味を抱かない観客たちも
    ミルクに釣られてコンサートに通うようになった。

    定期公演の会員数は19%の伸び
    シーズンはまだ終わっていないのだが
    稼働率は今までの最高の72%になっている。

    ミルクの生産コストもカバーし
    コンサートは利益を生んでいる。

    こんなに美味しい音楽はなかった。
    コンツェルト・ミルク・ドルトムント

    ・・・という内容である。

    これ、色々な意味で非常に面白いクリップだと思う。

    まずは最初のシーンの市井の人々。
    労働者のクリップで
    「クラシック音楽に興味のない層」

    言い切ってるよ、おい(笑)

    クラシック音楽を聴くのはインテリという
    いわゆる一般的偏見?がしっかりと出ている。
    (ただ、後半でコンサートに来る人たちは
     しっかりエレガントなドレスコードになっているのが笑える)

    クラシック音楽を牛に聴かせると
    ミルクの出が良くなるか、というのは
    ちゃんとシステム音楽の学者たちが実験していて
    その実験も、結構大笑いできる。
    (トロンボーン吹くと牛が寄ってくるとか
     エレキギターだったか、そんなものだと逃げて行くとか
     やっぱりクリップになってるの。
     学部長、こういうクリップ、何処で探してくるんだろう?)

    結果的にはクラシック音楽とミルクには
    決定的な関係は何もないのだが
    そういう学問的検証はともかくとして

    ドルトムントで、このクラシック・ミルクを作った人
    マーケティング・ストラテジーとしては最高だわ。

    だから何?と言われれば言葉もないのだが
    ただ、あまりにクリップが面白かったので
    読者にも見てもらおう、というだけの話。

    日本では既にモーツァルトを聴かせて作った酒だの
    ワインだのがマーケットに氾濫しているので
    今さら目新しいものではないと思うが

    コンサート会場のプロモーションに
    こういう発想が出来たのがスゴイなぁ、と
    つくづく感心している私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    コンツェルトハウスのウィーン・フィルのコンサートは
    明日も行くので、本日分と一緒に書きます (^^)v

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.24 Monday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM