<< クリーブランド管弦楽団 + ヴェルザー=メスト | main | フィラデルフィア管弦楽団 + ネゼ=セガン >>

フィラデルフィア管弦楽団 + ネゼ=セガン

0
    Musikverein Großer Saal  2018年5月31日 19時30分〜21時50分

    The Philadelphia Orchestra
    指揮 Yannick Nézet-Séquin
    ピアノ Hélène Grimaud

    Johannes Brahms (1833-1897)
     Konzert für Klavier und Orchester Nr. 1 d-Moll, op. 15
    Robert Schumann (1810-1856)
     Symphonie Nr. 4 d-Moll, op. 120
    Richard Strauss (1864-1949)
     Don Juan. Tondichtung, op. 20

    アメリカのオーケストラの公演が続くが
    フィラデルフィア管弦楽団とネゼ=セガンのコンサートは2回。

    まずは初日。
    プログラム構成が面白い。

    だって、普通、リヒャルト・シュトラウスのドンファン
    ブラームスのピアノ協奏曲1番、後半シューマンの交響曲4番
    という感じのプログラム構成に慣れているから。

    最初から超弩級のブラームスのピアノ協奏曲
    しかも私の大好きな1番 (^^)v

    ピアニストはエレーヌ・グリモーで
    私、このピアニスト、久し振りかも。
    ショートカットのヘアに簡素なシャツとパンツの軽装。
    こんなイメージの人だったっけ?
    (だいたい舞台見えない席ばかりだから、アーティスト見てない)
    もっとライオンみたいなワサワサした髪の毛の姉妹・・・
    あっ、すみません、ラベック姉妹と間違えてた ^^;

    交響曲とまごう最初のド派手なオーケストラの出だしは
    目一杯の大音響で、荒々しく響かせて
    途中のオーケストラのピアニッシモのところは
    止まりそうな位に音量を抑えて、ゆっくりしたテンポ。

    この曲、大好きなので
    どんな演奏されてもジーンと来ちゃうのだが
    グリモーのピアノの力強い事。
    堂々としてマッチョでステキ ♡

    オーケストラは最初のマッチョにドッカーンから
    止まりそうな繊細な音まで出していて
    うっとりしながら聴いていたら

    最初のホルンのソロ・・・
    それ、いったいナニ? と言いたいミス続き(笑)

    次のフレーズからは持ち直したものの
    持ち直したのは良いけれど、力一杯の粗さになっちゃって(爆笑)
    まぁ、そういう事もあります、はい。

    アンコールはなし。

    後半、シューマンの交響曲4番。
    実はこれもすご〜く好き ♡

    ネゼ=セガンは指揮棒なし。
    ほとんど拍を取っていなくて
    曲の表情をつける事に集中しているように見える。

    だから時々、結構派手に縦線がズレる。
    ベートーベンの伝統を継ぐ(笑)ドイツ音楽には聴こえない。

    それに、第2楽章のバイオリンのタララ・タララ・タララってところ
    (読者の皆さま、ごめんなさい!)
    3音が聴こえて来なくて
    木管の四分音符+八分音符のターラ・ターラ・ターラに聴こえて来て
    ちょっとビックリした。
    確かにメロディ・ラインは木管に乗っているから
    そういう解釈もありか・・・
    でも、何だかイヤに単純に聴こえてしまう。

    この間のヴェルザー=メストもそうだったけれど
    意外にアゴーギクが派手で
    かっちりした形式というよりは
    ズブズブの感情的なシューマンに聴こえてくる。

    実は授業でシューマンの音楽評論とか読んでいて
    あまりに文学的で(=ドイツ語でも日本語でもわからん)
    ひええええ、ドイツ・ロマン主義って
    色々な意味で凄い、と感服しているところなので

    あのシューマンの書いたものを読んでから
    このネゼ=セガンのズブズブの交響曲を聴くと
    何となくイメージが交差して
    そうか、これもアリかも・・・と思えてくる。

    豪華絢爛なアメリカン・サウンドが爆発したのは
    最後のドンファンである。

    いや、あのブラームスとシューマンを弾いていたオーケストラに聴こえない。
    ほとんど別人オーケストラと化していて
    キラキラの金管の咆哮が実にゴージャス。

    そうか、これで最後を締めて
    ブラボー・コールを狙ったのか(穿ち過ぎかも)

    しかしこのオーケストラの音色
    ヨーロッパのオーケストラとかなり違う。
    しかも、今回のプログラムでは
    3曲とも、全然違う響きを出して来たので
    ちょっと驚いた。

    明日はバーンスタインとチャイコフスキー。
    ネゼ=セガンが、あれだけロマン派の香りを出してくるなら
    両方とも、もっとウエットになって面白いかも、と
    明日が楽しみになっている私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    実は昨日はバレエのジゼルを観に行って
    木本クンのアルブレヒトもマーシャのジゼルも良かったんだけど
    清香ちゃんのミルタが、ま〜、ホントにぴったりで
    えらく感銘を受けたのだが、ブログ書いてる時間がない(涙)
    今日は祝日で1日閉じ篭って仕事してレポートの準備をしていたのだが
    引退してから1年後、何で、こんなにむちゃくちゃ忙しくなっているのか
    自分でもワケわからん・・・

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.12.07 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM