<< 国立バレエ クルミ割り人形 今シーズン4回目(通算25回目) | main | サンクト・ペテルブルク・フェスティバル・バレエ「白鳥の湖」 >>

国立バレエ クルミ割り人形 今シーズン5回目千秋楽(通算26回目)

0
    Wiener Staatsoper/Wiener Staatsballett 2018年1月9日 19時30分〜21時30分

    DER NUSSKNACKER
    Ballett in zwei Akten nach Marius Petipa und Lew Iwanow
    振付・演出 Rudolf Nurejew
    音楽 Peter Iljitsch Tchaikowski
    舞台・衣装 Nicholas Georgiadis
    照明 Jacques Giovanangeli
    指揮 Paul Connelly

    クララ Natascha Mair
    ドロッセルマイヤー・王子 Robert Gabdullin
    ルイーザ Sveva Garguilo
    フリッツ Dumitru Taran
    父親 Alexis Forabosco
    母親 Emila Baranowicz
    祖父 Gabor Oberegger
    祖母 Gloria Maass
    街の少年たち Nicola Barbarossa, Theo Bourg, Marat Davletshin, Marian Furnica,
    Andrés Garcia-Torres, Trevor Hayden, Scott McKenzie, Arne Vandervelde
    お客様たち Vanessza Csonka, Oxana Kiyanenko, Alena Klochkova, Zsófia Laczkó,
    Katharina Miffek, Suzan Opperman, Alaia Rogers-Maman, Iulia Tcaciuc
    Martin Dempc, András Lukácis, Igor Milos, Kamil Pavelka,
    Tristan Ridel, Alexandru Tcacenco, Andrey Teterin, Jaimy van Ovreem
    Abigail Baker, Marie Breuilles, Carolina Sangalli
    ネズミの王 Andrey Kaydanovskiy, Zsolt Török
    小さなくるみ割り人形 Scott McKenzie
    雪の精 Adele Fiocchi, Nikisha Fogo
    Abigail Baker, Emilia Baranowicz, Elena Bottaro, Marie Breuilles
    Natalya Butchko, Venessza Csonka, Sveva Gargiulo, Gala Jovanovic,
    Oxana Kiyanenko, Alene Klochkova, Zsófia Laczkó
    Anita Manolova, Fiona McGee, Katharina Miffek, Suzan Opperman,
    Alaia Rogers-Maman, Carolina Sangalli, Isabella Lucia Severi,
    Anna Shepelyeva, Rikako Shibamoto, Iulia Tcaciuc,
    Franziska Wallner-Hollinek, Céline Janou Weder, Madison Young
    スペインの踊り Sveva Gargiulo - Dumitru Taran
    Vanessza Csonka, Gala Jovanovic, Iulia Tcaciuc
    Leonardo Basílio, Andrey Kaydanovskiy, Andrey Teterin
    アラビアの踊りOxana Kiyanenko - Alexandru Tcacenco,
    Gloria Maass, Gabor Oberegger
    Abigail Baker, Marie Breuilles, Carolina Sangalli
    ロシアの踊り Emilia Baranowicz - Alexis Forabosco
    Natalya Butchko, Alene Klochkova, Anna Shepelyeva, Franziska Wallner-Hollinek
    Marat Davletshin, András Lukács, Igor Milos, Kamil Pavelka
    中国の踊り Marian Furnica, Andrés Garcia-Torres, Trevor Hayden
    パストラーレ Alaia Rogers-Maman, Madison Young, Tristan Ridel
    ワルツ Elena Bottaro, Natalya Butchko, Adele Fiocchi, Zsófia Laczkó,
    Anita Manolova, Fiona McGee, Katharina Miffek, Suzan Opperman,
    Isabella Lucia Severi, Rikako Shibamoto, Iulia Tcaciuc, Céline Janou Weder,
    Nicola Barbarossa, Francesco Costa, Marat Davletshin, Marcin Dempc,
    Andrey Kaydanovskiy, Scott McKenzie, Igor Milos, Hanno Opperman,
    Zsolt Török, Jaimy van Ovreem, Arne Vandervelde, Géraud Wielick

    Wiener Staatsballett
    Studierende der Ballettakademie der Wiener Staatsoper
    Kinder der Opernschule der Wiener Staatsoper
    Orchester der Wiener Staatsoper

    くるみ割り人形今シーズンの千秋楽。
    また清香ちゃんの、この上もなくノーブルな舞台が観られると思って
    会場着いてキャスト表を見て

    ぎょっ (O_O)

    クララ役が清香ちゃんじゃなくてナターシャになってる!!!

    😱

    もしかしてもしかして
    この間、すごく失礼な個人印象記を書いてしまって
    ご本人が
    何もわかっていないド・シロートにこんな事書かれて
    しかも個人的にもお付き合いがないのに
    厚かましく「ちゃん」付けまでされて
    こんな失礼な観客の居る舞台で踊りたくないわ
    ・・・とかだったらどうしよう 💦

    すみません、ごめんなさい、悪意は一切ないですし
    まぁ、悪意の自覚なしにとんでもない事をやっちゃう人の方が
    タチが悪いのは存じてますが(涙)

    バレエ公演立ち入り禁止になったらどうしよう (TT)

    でもそれが原因じゃなくて
    体調が悪いとかだったら、もっと心配なんだけど・・・

    ナターシャは、今シーズンのくるみ割り人形
    全5回公演のうち、4回、クララを踊った事になる。

    私もくるみ追っかけだけど
    今までは何人かのダンサーの持ち回りで
    ほとんど1人で全公演というのはなかったはずだ。

    さすがはナターシャ。
    ローベルトとのカップリングは初めてだと思うんだけど
    いやもう、キュートさ全開で
    クララがくるみ割り人形を喜んで大事にしていて
    それが王子さまになる、というストーリーがぴったりハマる。

    第一幕の演技も可愛らしくて悶絶する。
    もう、ホントにキュート、むちゃくちゃキュート。
    ハート直撃 💘

    考えてみたら、ナターシャは2012年から観ているのだが
    私、彼女に関しては
    出てくるたびに、超キュート!としか言ってないわ。
    すみません、語彙不足で・・・ ^^;

    第二幕の金平糖が、これまたキレイで
    ローベルトは品が良くて
    お姫さまをしっかりサポートして大事にしているのが見えるし
    ナターシャは、時々、ほら見てドヤ顔の小悪魔的流し目で
    いやもう、何て(以下省略、どうせ同じ語彙しかない)

    オーケストラはお疲れ気味というか
    第一幕で、わははは、お〜い、みたいな部分もあったけれど
    まぁ、バレエ公演の時って、そんなモンです(笑)

    リッチーと比べて、ちょっとおとなしかった
    ドミトルのフリッツは
    今日はかなり弾けていて(緊張が取れて来た?)
    いたずらっ子の面目躍如で
    細かい部分でのおふざけ感が巧く出ていて面白かった。

    スヴェーヴァはこれまたキュート。
    持っているオーラが底抜けに明るいので
    この間も書いたけれど、スペインのダンスがものすごく明るい。
    暗いウィーンの冬を吹っ飛ばしてくれそうな元気なダンス。

    色っぽいオクサーナのアラブのダンスは
    今日の観客にはむちゃウケしてた。
    いや、確かに色っぽいわ。
    大柄だし、しなやかだし、顔立ちもはっきりしているダンサーで
    あれだけタメ作って踊られたらクラクラする。

    ローベルトの役は
    ヌレエフってアホか、と言いたいくらい
    あれだけ踊らせておいて、最後にとんでもない大技の連続って
    体力の配分を考えないと、とても無理、と思うところを
    さすがのプリンシパルで
    空気を割いて楽々と飛んでいる。

    片脚バランスは乗り切れなくて
    すぐに脚を下ろしてしまったのが残念だったが
    あれはサーカスだから
    やった、というだけで、もうこちらも満足(笑)

    今シーズンもくるみ割り人形は全公演制覇 ^o^
    チケット取るのが大変で
    とんでもない贅沢もしたけれど
    でも、この演目は何回観ても飽きなくて
    先シーズンなんて、くるみ割り人形がプログラムになかったので
    DVDまで買ってしまった、という、大好きな演目なので
    今年も全公演観られたのは嬉しい。

    あ〜、清香ちゃん、怒らないでね
    ・・・というのだけ、気になるけれど

    次の国立バレエ団の公演は
    新作ペール・ギュントのプレミエ。
    公演日が他のコンサートと重なっているので
    数回しか行けないが(それでも数回は行くつもり)
    今から楽しみな私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.01.17 Wednesday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM