<< トーンキュンストラー + ロベルト・トレヴィーノ | main | ウィーン交響楽団 + フランソワ・グザビエ・ロト >>

クリーブランド管弦楽団 + フランツ・ヴェルザー=メスト

0
    日曜日のダブルヘッダーです。
    時系列に読みたい方は、もう一つ下の記事からどうぞ。
    (もっとも下の記事は大いに夜のコンサートの印象の影響を受けてます・・・)

    Musikverein Großer Saal 2017年10月22日 19時30分〜20時55分

    The Cleveland Orchestra
    指揮 Franz Welser-Möst

    Gustav Mahler (1860-1911)
     Symphonie Nr. 6 a-Moll, “Tragische”

    昨日の春の祭典で
    ちょっと覚悟はしていたものの
    予想通りのマーラー6番。

    巧いし、各パートが全部聴こえてくるし
    一部、ミスとかはあったけれど
    見事に完璧なオーケストラのバランスで

    こんなに感情的にコミットメントしないマーラーって
    滅多に聴かないような気がする。

    ものすごく速いテンポで入った第一楽章から
    やっぱりこのオーケストラ、巧い。
    音の締まり方が違う。
    (すみません、ここで午後のトーンキュンストラーが霞んでしまいました)

    とことんクリアな完璧な弦のアンサンブルに
    程よい音量で乗ってくる管楽器。
    スコアが透けて見えるように
    どのパートを取っても
    マーラーが仕掛けたポリフォニーが全部見事に聴こえてくる
    (ような気がする)

    スコアをコンピュータにぶち込んで
    最も理想的なバランスで演奏させたような印象。
    ゲーム音楽?
    とまでは言い過ぎと思うけれど

    この不思議な感じを何と表現して良いのやら。
    昨日の「春の祭典」で心の準備をしておいて良かったわ。

    で、昨日と同じように
    感情的な揺れや語りかけは一切ない。
    見事に聴衆に語りかけてこない
    「完璧な音楽を目指しています」と
    オーケストラと指揮者で完結してしまっている。

    スポーツ競技かそれは(いやいや、言い過ぎ (^^;;)

    このオーケストラの優秀さと
    音響の美しさと、バランスの見事さには
    最初から最後まで舌を巻いた。

    まぁ、傷がなかったとは言わんが(笑)
    特に一番最後のトゥッティが
    今ひとつ決まらなかったのは、ちょっと残念。
    (ほんの少し各パートがずれたのである)

    しかし一番驚いたのは
    カウベルの部分だった。

    あれ、カウベルですか?
    何だかガラスか何か、あるいは風鈴みたいな
    カウベルの無骨さが全くない音が聴こえてきて

    ちょっと現代音楽のスペクトル派への架け橋的
    あるいはもっと卑属な言い方をしてしまえば
    数年前まで大流行だった、リラックスするための環境音楽の響き。

    確かにこういう名曲は演奏される機会も多いので
    あまり正統的に演奏してしまっても
    目立たないため
    有名になりたい指揮者は、色々と工夫を凝らすのはわかるが

    正確無比とバランスの完璧さと
    音響バランスを徹底的に追求して
    全く重さのない
    とことん軽いコンピュータ音楽の方向に動くとは
    思ってもみなかった。

    確かに、これ、あり?と思わせてはいるので
    その意味では、滅多に聴けない音色だったし
    面白かったし、楽しませてもらったが

    感動って何でしたっけ?(笑)

    マーラーの交響曲って
    時々、自分の心の準備が出来ているかいないか関係なく
    否が応でも感情を揺すぶられて
    イヤイヤイヤと言っている間に
    突然、感情がぶっ飛んで大波に翻弄される事があるんだけど

    どこが悲劇的?とついつい思ってしまって
    聴く方もとことん分析的に聴けるマーラーって
    ある意味、感情的な負担がないから楽と言えば楽かも(こじつけ)

    う〜ん、好き嫌いはかなり分かれそうだな。
    こういう感情にコミットメントしない音楽
    もともと、そういう現代音楽が好きな私は
    ああ、こういうアプローチもありか、と思って
    感心しながら聴いていたけれど
    マーラーに思い入れがある人には耐えられなかったかも。

    という訳で本日のマーラー・マラソンは終了。
    ここ数日で枯れ葉が道路を覆うようになって
    あぁ、冬が来るんだわ、と鬱々しかけている私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.20 Wednesday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM