<< ウィーン・フィル + ティーレマン3回目(楽友協会) | main | 白鳥の湖 今シーズン8回目(千秋楽) >>

ウィーン交響楽団 + リオネル・ブランギエ2回目

0
    日曜日も、時間はちょっと違うけれど
    全く同じダブルヘッダーです。
    時系列に読みたい方は こちら からどうぞ。

    下は夜のコンサートの印象記です。

    Musikverein Großer Saal 2017年6月11日 19時30分〜21時20分

    Wiener Symphoniker
    指揮 Lionel Bringuier
    バイオリン Arabella Steinbacher

    Sergej Prokofjew (18910-1953)
     Konzert für Violine und Orchester Nr. 2 g-Moll, op. 63
    Antonïn Dvořák (1841-1904)
     Symphonie Nr. 9 e-Moll, op. 95 “Aus der Neuen Welt”

    はい、前言撤回。
    シロウトだから、何でも言えるんです。
    読者の皆さま、よって、こういう人を信用しちゃいけませんよ(笑)

    プロコフィエフはまずは置いておいて
    後半のドボルザークの「新世界から」

    2回目をしっかり聴いてみると
    いや、このブランギエという指揮者も
    かなりあざとい。

    第1テーマを、ものすご〜くゆっくりしたテンポで
    ひたすら歌わせるのである。

    いや〜、金管、お疲れさまです。
    トロンボーンもホルンも、トランペットも
    あの速度で吹くのは
    普段の3倍くらいの肺活量が必要だったに違いない。

    もう見事に遅いテンポが徹底的に遅い。
    それでもメロディの失速のギリギリで抑えてはいて
    極端に長いボーゲンが、ちゃんとまとまって聴こえるのはすごい。

    最初の金管の続けてミスにはちょっとムッとしたけれど(笑)
    そこらへん、やっぱりウィーン交響楽団だって
    プロの矜持があるから
    その後は、しっかりとどでかい音量で演奏してくれた。
    ・・・しかも、あのとんでもなく鈍いテンポで。

    もちろん、遅いテンポだけでは
    歌はあるけれどダレるから
    アッチェルランドもすごくて
    時々、細かいところが潰れそうな位の
    今度はむちゃくちゃ速いテンポでブンブン押し捲る。

    だから全体が、やっぱり見事にドラマチックになっていて
    まぁ、昨日はティーレマンの
    あまりにドラマチックなブラームスの陰で霞んだものの
    数時間後にこのドボルザークを聴いちゃうと
    尋常でないドラマチックな演奏である事が見えてくる。

    いや、こいつ、まだ30歳で、このあざとさかよ(褒めてます)
    かなり癖があって
    最終楽章の木管のメロディなんか
    普通とは全く違う印象で響かせていたし
    その意味では、この人も一種の天才ではある。

    ここまでドラマチックに
    しかも熱っぽく(小型ティーレマン?)演奏されちゃうと
    ドボルザークがアメリカの土地を新世界として
    希望に満ちた交響曲を書いたとか言うのは
    全然信じられなくなってしまって
    どちらかと言うと
    全世界の破滅の後に、最後の木管が長く音を引いて
    ・・・そして誰もいなくなった

    という妄想を掻き立てる。
    まぁ、良し悪しは別として(笑)

    しかしウィーン交響楽団の音って
    芯があるなぁ。
    コンサート専門軍団だからかもしれないが
    どのホールで演奏しても、音が不要に拡散しないのだ。

    あの楽友協会の恐るべき残響の長さにも
    ウィーン交響楽団の音は、しっかりと鋭く響く。

    それから(すごく失礼なんだけど)
    何だか最近、このオーケストラの弦って
    むちゃくちゃ良くなってない???

    以前は、管楽器は優秀だけど
    弦がちょっと弱いという印象があったのに
    最近、弦の音がすごく良い。

    今回も第2楽章の弦の入ってくる時の美しさ
    手触りの柔らかさにゾクゾクして鳥肌がたった。
    低弦もしっかり響くし
    バイオリンの音があそこまで充実してくると
    実に聴きごたえのあるオーケストラだ。

    プロコフィエフのバイオリン協奏曲2番は
    昨日と同じ印象が強い。
    プロコフィエフの薄めのオーケストレーションに
    伸び伸びと素直に乗ってくるバイオリンの爽やかな音 ♡

    アラベラ・シュタインバッハーのバイオリンの音って
    本当に癖がなくて、素直で伸び伸びしていて気持ちが良い。
    他のバイオリニストと比べると
    ヒラリー・ハーン的系統なんだけど
    ヒラリー・ハーンのあの透徹した美しさというより
    もう少し庶民寄りの感じ(褒めてます)

    アンコールに、ふん、やっぱりバッハかと思ったら
    バッハと思わせて違ってたし
    (後でサイトにアップされたら追記します。
     ディアス・イラエのモチーフがダブル・ボーゲンで
     ガリガリ演奏されちゃう割に有名な曲だと思う)

    昨日より観客のマナーはかなり落ちたけれど
    (ピアニッシモのところで後ろで盛大に鼻をかまれたりするとね・・・)
    プロコフィエフもドボルザークも名曲だし
    (第2楽章の例のメロディが始まると
     あちこちで囁きが聞こえたんだけど
     あれは、知ったかぶり人口が多かったんだろうなぁ(笑))
    充実した2時間だった。

    引退してしまうと(仕事はあるけど(苦笑))
    曜日の感覚が変になって来るのだが
    (だいたい、私の持ってるエージェントさん
     土曜日・日曜日にもオフィス開いてるから
     曜日にかまわずメール入って来るし)
    明日は月曜日、ちょっと仕事があるから
    早起きしなきゃ、というヘンな私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.21 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM