<< ウィーン・フィル + ティーレマン2回目(楽友協会) | main | ウィーン・フィル + ティーレマン3回目(楽友協会) >>

ウィーン交響楽団 + リオネル・ブランギエ1回目

0
    土曜日のダブルヘッダー。
    時系列で読みたい方は こちら からどうぞ。
    下は夜のコンサートの印象記です。

    Musikverein Großer Saal 2017年6月10日 19時30分〜21時30分

    Wiener Symphoniker
    指揮 Lionel Bringuier
    バイオリン Arabella Steinbacher

    Sergej Prokofjew (18910-1953)
     Konzert für Violine und Orchester Nr. 2 g-Moll, op. 63
    Antonïn Dvořák (1841-1904)
     Symphonie Nr. 9 e-Moll, op. 95 “Aus der Neuen Welt”

    同じコンサート・ホールの
    ほぼ同じような席で、夜はウィーン交響楽団のコンサート。

    当初はカヴァコスがソリストの予定だったのだが
    ご家族にご不幸があったとの事でキャンセル。
    プログラム変更でアラベラ・シュタインバッハーが
    プロコフィエフのバイオリン協奏曲2番を演奏する事になった。

    実はアラベラ・シュタインバッハー、好きなのワタシ。
    日本人とのハーフ(あ、今はダブルと言うんだっけ)だけど
    素直に伸びる音が気持ち良くて
    変な癖のない、すごく正直な音を出すバイオリニスト。

    プロコフィエフのバイオリン協奏曲。
    オーケストレーションが透明で暑苦しくなくて
    何とも爽やかで透明度の高い音楽に
    素直に伸び伸びと入ってくるバイオリンのソロ。

    あああ、午後にあの暑苦しい厚みのある
    まるでソースこってり、脂肪分バンザイみたいな
    コテコテのブラームスの交響曲の後に
    キュウリの浅漬けを供されたような
    爽やかな気分。

    やっぱり日本人はお茶漬けと浅漬けだよね(ってワケわからんが)

    今日のコンサートはジュネスの一環でもあったようで
    割に若い人たちが多かったし
    いつもの通り、何せ楽友協会だから
    観光客も結構いたのだが

    それ以上にうるさ方のオジサン、オバサンが何人か居て
    (でもいつもは見ないメンバーなので
     クラオタとかではなさそうな気が・・・)

    ジッパーの開け閉めを演奏中にしている
    派手な観光客の女性を
    ちょっとでも音を立てようものなら
    後ろを睨んでイヤな顔をするし

    私の後ろの中年男性に至っては
    舞台を見ようと床に立っていた女性に
    床に立たれると、床が軋むからうるさいので
    どこかに座ってくれ、とはっきり言ってた(えらい!)

    安いチケットを買って
    高い席に直前に移ろうとする人が何人も居たし
    観光客は演奏途中で写真やビデオを撮っていたけれど
    まぁ、音がしなかったら、もうどうでも良いです(諦観)

    楽友協会というホールは
    本職の録音技師でも、録音には大苦労するホールなので
    シロウトが録画して、後で聴いたら
    とんでもない音響しか聴こえて来ないだろう事は想像できるし。

    後半はドボルザークの「新世界から」って
    この曲、ついこの間、聴いたばかり。
    (忘れた方は こちら をどうぞ)

    プログラムというのは流行があって
    重なる時は重なるので仕方ないのだが

    うううう
    自分が耳もなければ感受性もなく
    音楽に関してはド・シロートである事は
    よ〜く知っているんだけど

    今回のブランギエの演奏
    この間のネルソンスの演奏と、むちゃくちゃ似てる(ような気がする)

    いや、そりゃ、曲が同じだから
    違っていたら、それはそれで問題なのだが。
    でもフレーズの歌わせ方とか
    曲の持っている色彩感が
    あまりに同じで、ちょっとビックリ。

    同じ世代の指揮者だったっけ?と
    チラッと調べてみたら
    アンドリス・ネルソンスは38歳
    リオネル・ブランギエは30歳
    (えっ、ネルソンスって、もうアラフォー?と
     ひっくり返りそうになった。
     ドゥダメルだって、もう36歳。私が歳を取る筈だわ・・・)

    ブランギエと言えば
    チューリヒのトーンハレで首席指揮者やっていて
    (2015年3月7日に聴いてる)
    つい最近、ブランギエは止めて
    パーヴォ・ヤルヴィが次の指揮者になる、というニュースがあったけれど

    何かトーンハレとブランギエって問題あったのかしら(邪推)

    動きは美しいし
    キューや指示もしっかりしていて
    ヘンなタメとかはないけれど
    それなりにロマン派的なドラマはしっかり出していて
    (で、すみません、ネルソンスと似てる・・・)
    あっさり系とロマン系のバランスが、とても良い。

    オーケストラは、まだちょっと傷があるものの
    勢いのある演奏で気持ち良かった。

    で、うるさ方が多かったのか
    それとも、本当に知っている客が多かったのか
    会場が楽友協会とは思えない程の静けさ ♡

    第二楽章も、あれだけ静かに集中していたら
    こちらも充分に堪能できる。
    (終わった後の咳とかお喋りは凄かったが(笑))

    最終楽章が終わった時も
    ブランギエは腕を上げたまま固まっていて
    その間、誰も拍手のフライングはせず

    ただ、2人くらいのヒソヒソ話の声は
    会場一杯に響き渡ったが(笑)

    演奏終わってから、あれだけの長い静寂(お喋り付き)があったのって
    本当に久し振り。

    いや〜、良いコンサートだったわ。

    ・・・って、実は明日も行くんですけど(笑)

    土曜日と日曜日は
    実は全く同じプログラムの繰り返しになるのだが
    その事実に気がついたのは
    つい最近なので
    どうぞお許し下さい(お辞儀)

    印象が同じなら
    感想記はもしかしたら書かないかも・・・という
    怠け者の私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.21 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM