<< ウィーン交響楽団 + ルドルフ・ブッフビンダー | main | 白鳥の湖 今シーズン6回目 >>

バ・ロック・オペラ ヴィヴァルディの5番目の四季 初演

0
    土曜日のダブル・ヘッダーです。
    時系列に読みたい方は、こちらからどうぞ。
    下は夜の勝手な感想記です。


    Volksoper Wien 2017年6月3日 19時〜21時50分

    Vivaldi - Die fünfte Jahreszeit
    Eine BaRock-Oper
    Libretto von Angelika Messner
    Liedtexte von Christian Kolonovits und Angelika Messner
    Musik von Christian Kolonovits

    指揮 Christian Kolonovits
    演出 Robert Meyer
    舞台・衣装 Christof Cremer
    振付 Florian Hurler

    アントニオ・ヴィヴァルディ Drew Sarich
    カルロ・ゴルドーニ / 皇帝 Boris Pfeifer
    ルッフォ大司教 Morten Frank Larsen
    アニーナ Rebecca Nelsen
    トニ / パオリーナ Julia Koci
    ロニ / 女優 / アポロニア Paula Deuter
    クララ / 女優 / キアーラ Sophie BAuer
    カティ / 女優 / カタリーナ Lisa Perner
    母親 Sulie Girardi
    父親 / オットボーニ大司教 Wolfgang Gratschmaier
    ガスパリーニ / 司教 Alexander pinderak
    カファレッリ Thomas Lichteneck
    第一の司教 Joahim Mose
    第二の司教 Stefan Tanzer
    アントニオの子供時代 Jonas Ambros

    ウィーン市内のあちこちで
    盛大に宣伝されているフォルクス・オーパーの新作
    ヴィヴァルディ 5番目の四季
    ・・・とか言う題名で
    副題が BaRock オペラ・・・と言う事は
    バロックじゃなくて、バ・ロックで後ろの方にアクセントがある。

    ありがたい友人のお陰で
    初演の招待席に潜り込む事が出来て
    いや〜、本当にありがたい m(__)m

    上記キャスト名だがスラッシュで区切っているのは
    一人二役とかやってるから。

    招待されたら、良い事を書かねばならぬ
    ・・・というのは常識なので

    終演後はスタンディング・オベーション。
    ナンバーの後には必ずブラボーの声がかかっていた。

    内容はバ・ロックで、ロックの方に重点があり
    非常に分かり易いロックのリズムを多用して
    シンプルなロックの4拍子がノリノリ。

    ヴィヴァルディの「四季」のメロディを
    さりげなく取り入れて
    アントニオ・ヴィヴァルディが歌うナンバーでは
    必ず最後に高音のシャウトを入れて盛り上げる。

    今まで聴いてきたミュージカルの定石をしっかりと使って
    時にはミュージカル「エリザベート」風
    ある時はジーザス・クライスト・スーパースター
    ほとんどメロディらしきものはなく
    その分、はっきりと歌詞も聴き取れる。

    音楽的には非常にシンプルで分かり易い。
    (というより、褒めなければならない、という事を無視すると
     ずっと同じような感じなので・・・ ^^;)

    正直なところ
    衣装デザインだけは素晴らしかった。
    (すごく奇抜なんだけど(笑))

    ストーリーも割に皮肉なところもあって
    ローマでの司教たちの「暑いよ、暑いよ」シーンは
    ううう、そこまでカトリックをバカにしてしまって
    良いんだろうか、とビックリ。
    (まぁ、バレエのカルミナ・ブラーナでもやったしな・・・)

    主役のヴィヴァルディを歌った歌手は
    完璧なミュージカル発声で、高音のシャウトが見事。
    (だけど、必ずナンバーの最後に入るので、あ、またか、って感じにはなる)

    フォルクス・オーパーの専属歌手も何人か入っていて
    歌は巧いし、ダンスも完璧、そりゃ芸達者なんですが
    発声がね、オペレッタだしね(でもまぁ、それでも・・・)

    まぁ、ノリの良いミュージカル・ナンバーではある。
    何でフォルクス・オーパーで上演なのか
    ライムント劇場とかローナッハー向けのナンバーじゃないかと
    チラッと思わないでもなかったが

    若い人にはウケそうな作品だし
    子供でもイケそうだから
    家族連れをターゲットにした作品かもしれない。

    自分でチケット買って行っていたら
    散々にコケおろしするかもしれないけれど(笑)
    まぁ、ご招待ですし (^。^)
    ミュージカルを観に行ったと思えば
    納得できる出来栄えである。

    ライムント劇場やローナッハーでの
    ミュージカルのように
    容赦ない大音響ではなかったのは素晴らしい。
    (いや、確かにマイクだし、かなりうるさかったけれど
     ライムントやローナッハーは耳が潰れる音響の事があるし
     それに比べたら、フォルクス・オーパーの音響なんておとなしいもんだ)

    ドイツ語がわかる人だったら
    観ても面白いかも。
    書いた通り、かなり皮肉も入ってるし
    みんなの演技は巧いし
    ダンスは楽しいし
    音楽は単調だけどノリノリだし
    1回観る分にはお勧めできる。

    2回目に行こうとは思いません(笑)という
    招待客なのに、宣伝しない恥知らずの私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    追記 Making of の Youtube があったので貼っておきます。
    色々なナンバーもアイデアも聞けます(ただしドイツ語で・・・m(__)m)



    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.14 Thursday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM