<< 白鳥の湖 今シーズン1回目 | main | ミュンヒェン・フィル + ゲルギエフ >>

白鳥の湖 今シーズン2回目

0
    Wiener Staatsballett/Wiener Staatsoper 2017年5月14日 19時〜22時

    SCHWANENSEE
    Balett in vier Akten
    振付 Rudolf Nurejew nach Marius Petipa und Lew Iwanow
    音楽 Peter Iljitsch Tschaikowski
    舞台・衣装 Luisa Spinatelli
    照明 Marion Hewlett
    指揮 Paul Connelly

    ジークフリート王子 Semyon Chudin
    オデット・オディール Olga Smirnova
    ロットバルト Eno Peci
    王子の母 Oxana Kiyanenko
    王子の友人たち Natascha Mair, Nina Tonoli
    Jakob Feyferlik, James Stephens
    王子の教育係 Jaimy van Overeem
    侍従長 Gabor Oberegger
    第一幕
    ワルツ Adele Fiocchi, Eszter Ledán, Anita Manolova, Laura Nistor
    Leonardo Basílio, Dumitru Taran, Alexandru Tcacenco, Andrey Teterin
    Elena Bottaro, Natalya Butchko, Suzan Opperman, Alaia Rogers-Maman
    Anna Shepelyeva, Rikako Shibamoto, Iulia Tcaciuc, Céline Janou Weder
    Francesco Costa, Marian Furnica, Trevor Hayden, Scott McKenzie,
    Tristan Ridel. Zsolt Török, Arne Vandervelde, Géraud Wielick
    女王の付き添い Abigail Baker, Marie Breuilles, Vanessza Csonka
    Katharina Miffek, Andrea Némethová, Carolina Sangalli
    第二幕・第四幕
    大きな白鳥 Adele Fiocchi, Gala Jovanovic, Oxana Kiyanenko, Laura Nistor
    小さな白鳥 Alice Firenze, Nikisha Fogo, Natascha Mair, Nina Tonoli
    白鳥 Abigail Baker, Emilia Baranowicz, Elena Bottaro, Marie Breuilles,
    Natalya Butschko, Iliana Chivarova, Vanessza Csonka, Erina Kováčová,
    Zsófia Laczkó, Eszter Ledán, Anita Manolova, Katharina Miffek
    Andrea Némethová, Suzan Opperman, Xi Qu, Joanna Reinprecht,
    Alaia Rogers-Maman, Caroline Sangalli, Isabella Severi-Hager,
    Anna Shepelyeva, Rikako Shibamoto, Iulia Tcaciuc,
    Franziska Wallner-Hollinek, Céline Janou Weder
    第三幕
    貴族の娘たち Elena Bottaro, Eszter Ledán, Laura Nistor
    Suzan Opperman, Alaia Rogers-Maman, Anna Shepelyeva
    スペインのダンス Rebecca Horner, Erika Koválova
    Alexis Forabosco, Andrey Teterin
    ナポリのダンス Anita Manolova, Dumitru Taran
    Abigail Baker, Natalya Butchko, Sveva Garguilo, Xi Qu
    Isabella Severi-Hager, Rikako Shibamoto
    ポーランドのダンス Iliana Chivarova, Alexandru Tcacenco
    Emilia Baranowicz, Franziska Wallner-Hollinek, Céline Janou Weder
    Marat Davletshin, Marcin Dempc, Trevor Hayden
    ハンガリーのダンス Nikisha Fogo, Géraud Wielick
    Marie Breuilles, Vanessza Csonka, Adele Fiocchi, Zsófia Laczkó,
    Katharina Miffek, Andrea Némethová, Carolina Sangalli, Iulia Tcaciuc
    Attila Bakó, Leonardo Basílio, Francesco Costa, Igor Milos,
    Kamil Pavelka, Tristan Ridel, James Stephens, Jaimy van Overrem

    だいたい今日の夜は
    楽友協会ではミュンヘン・フィルとゲルギエフ
    コンツェルトハウスではウィーン・フィルとバレンボイム。
    (しかも当初は両方ともチケットを持っていた)

    まぁ、そこら辺までなら
    よくある、あああ、身体二つ欲しい、で終わるのに
    今回は何と、国立オペラ座で、同じ時間に「白鳥の湖」で
    しかも

    ジークフリート王子役にセミヨン・チュージン
    オデット・オディールにオルガ・スミルノヴァ
    というモスクワ・ボリショイ・バレエの二大スターが出演 ⭐

    ウィーン・フィルとバレンボイムのブーレーズは
    泣く泣く早めにチケットを返し
    ミュンヒェン・フィルは友人に押し付けて
    一番安いチケットをバレエに確保して行って来たが

    ああああああ、行って良かった❤

    オルガ・スミルノヴァのオデットの素晴らしさと言ったら
    もう全てに於いて完璧。
    身体のカタチ、ポーズのキメ、ジャンプからピルエット
    フェテはダブルを充分に取り込んで
    しかもその演技力たるや

    オデット登場したとたん
    会場の空気がガラッと変わった。

    舞台一杯に広がる悲劇のオーラ。
    ヌレエフ版の悲劇的結末を予想させるような
    透明な冷たさの、深い青を纏った白鳥。

    あっ、あまりに感激しすぎて
    オデット登場前のシーンについての言及を忘れた(汗)

    王子さまパーティで
    王子さまご友人2組のカップルのシーンがあるのだが

    ううううう、監督、
    ナターシャにニナ(トノリ)
    ヤコブにジェームスって組み合わせ
    あまりに豪華過ぎて
    しかもそこにセミヨンまで加わったら

    何処を見て良いのか、悩むじゃないですかっ!!!

    ナターシャのいつもの小悪魔的キュートなソロにノックダウンの後
    ヤコブとジェームスのカップリングのパドドゥが
    二人とも手足長いし、掴む空間が大きいし
    目がテンになった後の

    ニナのソロが
    きゃーっ、ニナってナターシャの影響を受けた?
    と思わせるほどに
    今までのキュートさに拍車がかかっていて

    いやもう、眼福というより
    何処にオペラ・グラス(望遠鏡)持って行ったら良いのか
    悩んだ末に、そのまま舞台全体を堪能してしまったわ。

    セミヨンはさすがに典型的王子さまタイプ。
    自分じゃ何もできないし
    お母さ〜ん、って泣くしすがるし(笑)
    また、それが良く合っちゃうんですよね。

    しかしともかく、今回のスターは
    オルガ・スミルノヴァである!!!

    第一幕の、この上ない、この世とも思えない美女が
    ジークフリートの前に出て自分の不幸な身の上を語った後
    ロットバルトが出て来て
    そこで白鳥に変身するのがモロにわかるって
    私は初めての体験だったわ。

    で、このオルガの白鳥だが
    第二幕のオディールでぶったまげた。

    だってオディール、全くの別人じゃないの!!!!

    これ、どうやったって
    オディールをオデットに見間違える訳がない・・・

    と思ったら
    途中のほんの少しの仕草で
    オデット風の雰囲気を醸し出して
    ジークフリートに
    あら、ワタシ、オデットよ、忘れちゃったの?
    ・・・という目線を送って誘惑する。

    うわあああああ、これアリか?!

    信じられない
    演技がリアルで、すごい説得力。

    最後の幕では
    また悲劇のオーラがますます強くなった
    オデットの素晴らしさ ❤

    いやもう、この作品、白鳥たちの群舞もステキなんだけど
    オルガ・スミルノヴァの白鳥があまりに群を抜いて素晴らし過ぎて
    ちょっと他の白鳥たちが・・・(以下省略)

    テクニックとかだけではなくて
    オルガ・スミルノヴァの白鳥って
    悲劇的雰囲気もだけど
    もともと魔法使いに白鳥にされる前は
    お姫さまだった、という品の良さがあって
    押し付けがましくないし
    透明感がすごくて

    あぁ、これがオデットなのよ、という
    ある意味、理想型のオデット 💘

    ここまで完璧なオデットを見ちゃうと
    これからの白鳥がちょっと見難くなっちゃうかも・・・

    5月17日に同じキャストでもう1回公演がある。
    (もちろんチケットは早々に売り切れだが)

    もう一回、このカップル見られるかと思うと
    うふふ、という気分になる私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    白鳥の湖はさすがに人気作品で
    全公演のチケット、ほとんど売り切れだが
    ウィーン国立バレエ団のメンバーの上演の時に
    まだ少しチケットは入手可能(高いチケットだけね(笑))

    今回はさすがに全公演は見ません(笑)

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.21 Thursday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM