<< ノルウェー国立バレエ団「カルメン」1回目 | main | オネーギン 8回目 >>

ノルウェー国立バレエ団「カルメン」2回目

Theater an der Wien 2017年4月9日 19時〜21時50分

CARMEN
Ballett in drei Akten (2015)

振付 Lian Scarlett
指揮 Per Kristian Skalstad
舞台 Jon Bausor
照明 James Farncombe

カルメン Yolanda Correa
ドン・ホセ Yoel Carreño
ミカエラ Leyna Magbutay
エスカミーリオ Shane Urton
フラスキータ Sonia Vinograd
メルセデス Lisa Nielsen
モラーレス Andreas Heise
ズニーガ Kári F. Bjørnsson
ジプシー Alberto Ballester, Martin Dauchez, Marco Pagetti

バレエ団 Norwegisches Nationalballett
オーケストラ Wiener KammerOrchester

昨日、散々ネタバレはしてしまったので
内容はわかっているけれど
しつこい私は、また行く(すみません)

本日はキャスト違い。
しかも14ユーロの安い席なのに
(昨日は40ユーロだった)
2階席の後ろという良い場所

・・・・と思ったら
柱が前にあって、舞台が見えないのか、この席は。
安いものには理由がある。
フォルクス・オーパーの柱の後ろの席なんて
むちゃくちゃ安いのに(一桁台だ。ウィーン劇場とえらく違う)

最後列なので、椅子を立てて
そこに腰掛ければ、柱部分は除いて舞台は見える。
ただし、30分その格好で見ていると
お尻がむちゃくちゃ痛くなる(が貧民席はそ〜いうもんだ)

本日のダンサーは
ホセもカルメンもキューバ出身。
いやはや、バレエ団って本当に国際化しているなぁ。
(ウィーン国立バレエだってウィーン出身ほとんどいないし)

カルメン役のダンサー
顔が大きいけれど、すごい目のチカラ。
バランスを崩すほど大きい目というのではないのに
吸い込まれるような輝きがある。
ダンスも空間が広くて華やかで
情熱的なカルメンの役にぴったり。

ホセ役は最初に出て来た時には
実は、何じゃこりゃ?と思ったのだ。

だって、若くないし
顔は精悍なんだけど、痘痕があって
メイクしてないし(しているんだろうがよくわからん)
何か地味だし、目立たないし、情けなさそうだし。

・・・言いたい放題でごめんなさい。

ただ、このダンサーの身体のラインは
ものすごく美しい。
一つ一つのパが安定していて
ものすごく美しいラインでバランスを取る。

ひええええ、もしかしたらこのダンサー
デグリューとか
ロメオとか
ジークフリートとか
アルブレヒトとか踊らせたら
むちゃくちゃ巧いんじゃないだろうか。

イケメンじゃないのに
踊るラインはむちゃくちゃ優雅。

で、イケメンじゃないだけに
表情がまた豊かで
ボク、イケメンだから、そんな顔できない、というような
とんでもない表情を臆す事なく見せてくれるので
これはもう、ダンスを越えた演劇になってしまっている。

ホセが何かものすごく魅力的 ♡
うわあああ、ダンサーって顔だけじゃないんだわ。

エスカミーリオは本日は演歌歌手ではなくて
北アメリカ出身の若いイケメン(笑)が踊った。

これがまた
ボク、イケメンよ、というのをしっかりわかっている人で(笑)
この人、本当はダンス・ノーブルかもしれない。
エスカミーリオ、しかも、この解釈での荒々しさはあまりなくて
自分に酔ってる闘牛士のトップのツンケンさは
かなり良い感じで出ていた。

圧巻は最後のカルメンとホセの PDD で
昨日はカルメンがあまりに美し過ぎて
ホセが霞んじゃったけれど

今日は両方とも
ほとんど本気と言うか
役に嵌ってのめり込んで
カルメンとホセになっちゃったというか

特にホセが・・・鬼気迫るダンスと演技だった。

カルメンの引き裂かれる女心も充分に表現されていて
見事だったけれど
それに引き回されて
混乱して
愛と憎しみが交差するホセが
ナイフを取り出してカルメンを殺した後

やっと俺のモノになった
・・・えっ? もしかしたら、俺、人を殺しちゃった?
あああっ、カルメン死んじゃったの?

というような
複雑なホセの心理状態が
実にリアルなダンスと表情で表現されると
観ている方も、心理が手に取るようにわかる。

こういう解釈のカルメンって
カルメンでありながら
マノンあり、ロメオとジュリエットあり、オネーギンありで
ついでに私の妄想かもしれないが
音楽もビゼーのカルメンとアルルの女以外に
何か、ヘンなモノが入ってないか?
(トスカとかマノンとか聴こえてくる気がするのは何故だ?)

いや〜、実に見応えのある作品 ♡
ついつい頭の中では
これをウィーンでやるなら
どのダンサーをどの役でやったら良いだろう、と
アホな妄想に浸っている私に
どうぞ1クリックをお恵み下さい。



今日、ミカエラを踊った日本人ダンサーは
昨日はフラスキータを踊っていた。
手足が長くて、すごく目立つ華のあるダンサーで素晴らしかった。

スポンサーサイト

  • 2017.04.29 Saturday
  • -
  • 23:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
★コンタクト・メイル★
メイルはこちらへ
ブログランキングに1クリックお願いします
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM