<< ウィーン・フィル + アンドリス・ネルソンス 2回目 | main | スペイン国立ダンス・カンパニー 「カルメン」 >>

トーンキュンストラー + ドミトリ・キタエンコ

0
    Musikverein Großer Saal 2017年3月19日 15時30分〜17時

    Tonkünstler-Orchester Niederösterreich
    指揮 Dmitrij Kitajenko
    バリトン Vladislav Sulimsky

    Modest Mussorguski (1839-1881)
    Vorspiel zur Oper “Chowanschtschina”
    (1873/74; Bearbeitung : Dmitri Schostakowitsch, 1959)
    “Lieder und Tänze des Todes” für Sinstimme und Orchester
    (1875/77; Instumentierung : Edison Denissow, 1983)
    Wiegenlied. Tranquillo
    Serenade. Moderato
    Trepak. Tranquillo
    Der Feldherr. Vivo
    “Bilder einer Ausstellung”
    (1874: Instrumentieurng : Maurice Ravel, 1922)

    トーンキュンストラーの日曜日定期
    今回は何とモデスト・ムソルグスキー特集。

    オペラ「ホヴァーンシチナ」序曲
    オーケストレーションはショスタコーヴィッチ
    「死の歌と踊り」デニソフのオーケストレーション
    最後はご存知、展覧会の絵、ラヴェルの編曲版。

    もう色々あってバタバタして
    あまりに眠いし
    別にムソルグスキーが大好きという訳でもないので
    どうしようか考えたのだが

    私は実は、キタエンコという指揮者が好きなのである。
    白髪のライオンみたいな頭のロシアの指揮者だが
    決して派手ではないのだけれど
    実に誠実な音楽を聴かせてくれる人なのだ。

    前半はバリトンが入るので
    係員の許可を得て、ちょっと他の席に逃げた。

    ホヴァーンシチナ序曲は
    ううう、やっぱりどうしても
    オーケストラの技量か楽器かの差が出て来てしまうのは
    まぁ、それは仕方がない。

    次の「死の歌と踊り」なんて
    私、初めて聴く。

    プログラムに対訳は出ているんだけど
    左にあるオリジナル・テキスト、ロシア語だよ(汗)
    大学時代に齧った時にアルファベット習った筈なんだけど
    30年以上経ったら、全然読めないじゃないの(冷汗)

    ドイツ語のテキストだけ読んでみたが
    これ、確かに「死」をテーマとしているので
    凄まじい内容である。

    バリトンの Vladislav Sulimsky って
    ヴラディスラフ・スリムスキーとか読むんだろうか。
    もともとマリイインスキー・オペラで歌っていたようだが
    最近は国際的に活躍しているらしい。

    倍音たっぷりの美声で
    舞台から離れたせいか、あまり飛んでくるタイプの声ではないのだが
    さすがロシアと言うか
    あのあのあの、暗い暗い暗〜い雰囲気が凄い。

    しかも何が凄かったかと言って
    この歌手の表現力がむちゃくちゃ凄い。

    ロシア語わからなくて、ものすごく残念!!!
    これだけの表現力で
    例えばドイツ・リートを歌ったら、凄まじいかもしれない。

    最初の子守唄は
    子供に死神が来る内容なんだけど
    死神が、本気でコワイ。

    ただ声を張り上げるだけではなくて
    本当に声で語ってくる。
    イタリア・オペラとかも歌っているみたいだが
    この暗い目の声は、ロシアものの暗いオペラには向くだろうなぁ。

    さて、後半の「展覧会の絵」
    なんか、本当に最近、こればかり聴いているような気がする。

    最初の金管は巧く入って
    古城あたりでは
    まぁ、普通だよなぁ・・・とちょっと退屈したのだが
    卵の踊りがすごくチャーミングで
    リモージュですごく楽しくなって来た。

    カタコンベあたりの凍るような寒さは
    あまり出てはいなかったし
    この間みたいに、エルミタージュ宮殿にすっ飛ぶ事はなかった代わりに

    ババ・ガヤの最後の部分で
    ひっくり返りそうになった。

    何ですか、あの薄気味悪い音響は!!!
    あんなオーケストラ、今まで聴いた事がない!!!!!

    時々、こういうビックリがあるので
    オーケストラのコンサートに行くのを
    止められないのだ。

    マエストロ・キタエンコ
    やっぱりアナタは凄い(笑)

    ユニークなプログラムを
    とことん楽しんだ私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.21 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM