<< ウィーン・フィル + アンドリス・ネルソンス 1回目 | main | ウィーン・フィル + アンドリス・ネルソンス 2回目 >>

ウィーン交響楽団 + フィリップ・ジョルダン

今週は土・日曜日ともダブル・ヘッダー。
時系列に読みたい方は
もう一つ下の記事からお読み下さい。

こちらは夜のコンサート。
計らずも、午後のコンサートと同じ曲を
違うホール・違うオーケストラ・違う指揮者で聴くという
面白い体験でした。

Konzerthaus Großer Saal 2017年3月18日 19時30分〜21時30分

Wiener Symphoniker
指揮 Philippe Jordan
ピアノ François-Frédéri Guy

Ludwig van Beethoven (1770-1827)
 Ouverture c-moll zu “Coliolan” op. 62 (1807)
Béla Bartók (1881-1945)
 Konzert für Klavier und Orchester Nr. 3 Sz 119 (1945)
Ludwig van Beethoven
 Symphonie Nr. 6 F-Dur op. 68 “Pastorale” (1807-08)

夜はウィーン交響楽団で
またもや後半はベートーベンの交響曲6番「田園」(笑)

オーケストラのマネージメントって
別に何を考えている、というワケでもないのかしら。

さて、最初はコリオラン序曲から。

コンツェルトハウスの大オーケストラ向けのデッドな音響に
あの勇壮なメロディがキッチリ響くと
すごくマッチョで筋肉質、硬質で透明な音が響き渡る。

切れ味の鋭いウィーン交響楽団の持ち味が活きる。
男性的なのに、無駄に熱くはならず
音の重さがこの上ないバランスで決まっていて
スタイリッシュに聴こえてくるのはジョルダンの持ち味か。

バルトークのピアノ協奏曲3番。
ソリストはフランソワ・フレデリック・ギー。
ちょっと見た目が不思議なヒッピーみたい。
(写真はご本人のサイトからダウンロード。
 クリックで(すごく)大きくなります)



で、これが、これが、これが
ちょっと凄かった(汗)

出だしだけは知ってるけれど
聴き込んでもいない曲なのに
この人のピアノの音、ものすごい色彩感。
次から次に色が変わって
めくるめく色がホールに飛び散るような印象で
何ですか、このピアニスト 😨

呆気に取られて引き摺り込まれて
あっという間に曲が終わっちゃった。
まさかバルトークの協奏曲で
こんな色彩の洪水に溺れるとは思ってもみなかった。

前半で頭がボーッとしてしまって
気を取り直して
後半の「田園」は
ウィーン・フィルのコンサートの時と同じく
スコアに頭を突っ込む事にした。
(どうせ天井桟敷で前が一杯で舞台は見えません)

・・・面白い ♡

ジョルダンは最初のリピートもちゃんと演奏。
さすがにウィーン・フィル+楽友協会という音響とは違って
最初の弦にうっとり、という事はなかったけれど

ジョルダン、時々、フォルテで長く続くフレーズに
膨らみを持たせていて
(え?そんなの楽譜に書いてない、って感じでビックリ)
それが、何とも音楽的に響いてカッコいい。

ホールのデッドな音響の影響もあるけれど
音が全体的にスッキリしていて
爽やかなハイリゲンシュタットあたりの
夏の空気を彷彿とさせて
周囲の空間の空気が澄んでくるような気分になる。

第2楽章で、また椅子からずり落ちそうになった。
ビオラとチェロ、コントラバスの音色が違う。
あれは、ノンビブラートでやらせたのか
中間の音と低音が実に柔らかく
くもった感じで聴こえて来るので
それに乗せるメロディ・ラインの美しい事。

ううう、やるじゃん、ジョルダンとウィーン交響楽団 ♡
なんかちょっと、このメロディを甘く歌わせるところで
涙ウルウルになって来てしまうような状態(アホですどうせ)

農民たちの大騒ぎは
きゃ〜〜〜っ、何ですかそのテンポ。

ウィーン・フィルの演奏より、心持ち早めで
木管がキレイに響くんだけど
クラリネットのあの下降音階
誤摩化した?とは言わないが
ウィーン・フィルの時には、くっきりはっきり聴こえて来たのが
割にボケて聴こえて来たけれど
まぁ、そんなのは好みの問題である(断言)

嵐の部分、迫力たっぷりなんだけど
やっぱり楽友協会との音響の差があって
ウィーン・フィルの音のような脅かすような芝居がかった雰囲気はゼロ。

あくまでも冷静にスタイリッシュに
聴いていて気持ちが良い、というよりは
ホールの音響のせいで
自分はガラス窓のある家から
外の嵐を見て、逃げ惑う農民を見ているような

ある意味、ちょっとノーブルな感じの演奏だったかも。

押し付けがましくない。
ちゃんと主張はしているのだけれど
熱情の嵐に巻き込むというよりは
もう少し距離を置いて、現代的にクールにしてみました、ってところか。

ちゃんとフォルテはフォルテで
無駄にフォルティッシモにしていなかったというのも見事。

何とも新鮮で ♡
トラディショナルというよりはモダン。
オーケストラの持っている音が違うから
ウィーン・フィルと比べられないけれど
ネルソンスよりは、もっと客観的で
ウィーン・フィルの伝統的な演奏に比べると現代的で
スッキリ爽やか。

多少の傷がなかった訳ではないし
弦のアンサンブルの揃い方はウィーン・フィルの方が上だが
こういう、爽快感のある演奏、私は好きだ。

明日、日曜日の11時から
またこのコンサートあるんだけど
ウィーン・フィルも同じプログラムで11時から楽友協会。

う〜ん 😖
ウィーン・フィルのチケットは持っているんだけど
今日のウィーン交響楽団のコンサートを聴いちゃったら
ちょっと明日はウィーン交響楽団に行きたいような気分。
(バルトークのピアノ協奏曲も抜群だったし)

でもお金もないし
持っているチケットを無駄にしたくないし(ケチ)
ウィーン・フィルのドボルジャークと田園だって
明日、もう一度聴いたら
また違う印象になるかもしれないし・・・

ウィーン交響楽団が昼の公演じゃなくて
(日曜日11時のコンサートは
 もれなくバーバラ・レットのお話会が付いて来るのもウザい)
夜のコンサートをやってくれるんだったら
もう一度、このコンサート行きたいんだけど(涙)

どれが上とか下とか言うのではなくて
それぞれのオーケストラやホールの持ち味で
同じ曲でも、これだけ印象が変わってくるという

だから音楽って面白い、と
本気で考えてしまう私に
どうぞ1クリックをお恵み下さい。


スポンサーサイト

  • 2017.04.29 Saturday
  • -
  • 08:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
★コンタクト・メイル★
メイルはこちらへ
ブログランキングに1クリックお願いします
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM