<< Heute Abend : Lola Blau | main | シュライニング音楽祭 ガラコンサート >>

シュライニング 映画音楽の夕べ

0

    Burg Schlaining 2014年5月30日 19時30分〜21時40分


    バイオリン Christian Scholl

    ビオラ Cynthia Liao

    チェロ Florian Eggner

    ピアノ Eduard & Johannes Kutrowatz


    CINEMA FANFASY


    Dmitri Schostakowitsch

    Romance aus “The Gadfly”

    Salut d’Amor

    Charles Chaplin

    Falling Star aus “The Great Dictator”

    The Terry Theme aus “Limelight”

    John Williams

    Three Pieces from Shindler’s List (1993)

    Theme from Schindler’s List

    Jewish Town (Krakow Ghetto-Winter ’41)

    Remembrances

    Ryuichi Sakamoto

    Merry Christmas, Mr. Lawrence

    Happy End

    Poppo Ya (Der Bahnhofswärter”

    Tong Poo (Ostwind)

    Eduard Kutrowatz

    Jazzparaphrasen für 2 Klaviere (UA)

    Fly Me to the Moon (Bart Howard)

    Try to Remember (Harvy Schmid/Tom Jones)

    Sweet Georgia Brown (Berne/Dasey/Pinkard)

    Cynthia Liao

    El Buqué Por Una Tanguera (UA)

    Tango, Tango Milonga, Bossa Nova - Coro

    Kompositionen von : Jakob Gade, Gerardo Matos Rodriquez,

    Cynthia Lio, Antonio Carlos Jobin, Zequinha de Abreu


    シュライニング城塞でのコンサートに間に合わせようと

    ひたすらひたすら仕事をしていたので

    昼食も取らず、夕方16時に出て、どこかのドライブ・インで

    軽く食事してから・・・・と思っていたら、甘かった。


    結局、すごい量の書類を、そのまま積み重ねて

    (もう知るか・・・ヤケッパチ)

    夕方17時に会社を飛び出して

    高速道路を走って走って

    何とか19時ちょっと前にホテルにチェック・イン。

    夕食を取る時間ある?と聞いたら

    19時までだから、あと10分と言われて諦め

    コンサート前のバーでサンドイッチでも、と思ったら

    知り合いと会って、コーヒー飲む事になってしまい


    本日最初のお食事は、23時近くに

    バーで、ハムとチーズのトースト(ため息)

    ・・・何か同じような事が昨年もあったような気がする(デジャヴ)


    本日はスター勢揃いで、映画音楽特集。


    実は不勉強で、映画はほとんど観ないので(汗)

    普通だったら、みんな知っているようなメロディを知らない(大汗)


    最初はバイオリンとチェロとビオラ。

    シンシアが編曲した3曲。


    「愛の挨拶」ってエルガーの曲じゃなかったっけ?

    ショスタコーヴィッチも使ってるのか???


    3人とも巧い。アレンジも巧みだし、かなり面白い音響になってる。

    でも、これ、オーケストラ音楽をわざわざ弦楽3重奏にする意味があるのか?

    (すみません)


    音響的には面白い部分が多くあって

    あぁ、これ、もう一歩行ったら、現代音楽の世界かも。


    エディと、ハンサム・バイオリニストのクリスティアンの組み合わせで

    ジョーン・ウィリアムスのシンドラーのリスト。

    クリスティアンのバイオリンが歌うわ歌うわ。


    う〜ん、何て絵になるバイオリニストなんだ。

    (って、ソコかよ、惚れたのは(爆))


    エディとヨハネスの2台ピアノは坂本龍一の音楽で

    これは山本京子さんの編曲版。

    最後の曲がむちゃカッコいい。

    うまく作ってあるなぁ・・・


    幕間の後はエディ作曲の

    ジャズのパラフレーズ。


    え〜っとですね、私、ちょっとパラフレーズが苦手で

    オリジナルを越えるパラフレーズというのは滅多にお目にかかれないし。


    しかしまぁ、ジャズのあの複雑なリズムを

    うまく前衛音楽にしたものだ(皮肉じゃないです)

    曲の繋ぎ部分には、バッハと聞き間違うようなメロディ入ってくるし

    聴き慣れたようなメロディが

    新しい衣を纏って、不思議な感じでフラフラ出てくる。


    好みですけどね、好み。

    でも、あれも、ああいう風に編曲する意味は何処に?

    確かに面白いし

    時々、ゾクッとする音響も混じるけれど


    じゃぁ、私がこよなく愛するワケのわからん現代音楽の音響か、というと

    そうではなくて、伝統的なトナールのフラグメントだし。


    ????? すみません、私の感受性がないんです。


    音楽家もある程度のクラシックの閾値を超えると

    何か、他の事をやってみたくなる、というのは何となくわかる。

    (聴衆としても、いつも名曲アワーだと退屈する)


    その意味では、私がこよなく尊敬するクトロヴァッツ兄弟が

    クラシックの枠組みから飛び出して

    どこまでも飛んで行こうという意欲も充分わかるし

    かと言って、じゃぁ、いわゆるクラシックの現代音楽というのは

    あの2人には絶対に合わないだろう。

    バリバリの現代前衛音楽は、彼らにとっては聴衆不在に思えるだろうし。


    シンシアが作曲・編曲したタンゴの曲(初演)は

    バイオリン・チェオ・ビオラだが

    これも、音響的に面白い実験があちこちに見えて

    しかも、演奏する方がむちゃくちゃ楽しそうに演奏していて

    聴いている方も、知っているメロディの断片がどんどん出てくるので

    それはそれなりに面白い。


    でも何が良かったと言って

    弦楽トリオや、2台のピアノが奏でる映画音楽やジャズが

    あの古城の親密な雰囲気の中で

    もちろん聴衆は多いのだけれど

    何となく「家庭コンサート」というか

    むちゃ暖かい雰囲気の中で演奏されて


    あぁ、貴族の楽しみって、本当はこういうものなのかも

    ・・・という感じがした事かなぁ。

    これは弦楽3重奏に特に強く感じた。

    エディとヨハネスのピアノは、むちゃ力強いので

    家庭コンサートというよりは

    やっぱりコンサート・ホールで堂々と、という感じだったから。

    クールでカッコいいんですけどね。


    クリスティアンが青空色のシャツで

    チェリストが真っ赤なシャツで

    シンシアが紫のドレスで

    ははは、服装までカッコいいぞ(笑)


    何となく気軽に聴いちゃったコンサートだけど

    ハッとする新しい試みも色々あって

    私がこんなにストレスで疲れていなければ

    それなりに感動する時間だったのだろう。

    ごめんなさい、何せお腹が空いて空いて(それかよ!)


    今日はそのままシュライニング泊。

    もう仕事なんか、ど〜でも良いです(開き直り)


    満杯のホテルのバーで

    トースト頼んでミネラル・ウォーター飲んでると

    出演者がホテルに帰って来て

    (ホテルはここしかないので、観客も出演者もみんなここ(笑))

    拍手が起こって、賞賛の声があちこちで上がるというのも

    この音楽祭の良いところ ♡


    明日は土曜日だし

    朝食を山ほど食べてから

    近くの温泉に行って、サウナ行って泳いで、休んで

    夜のコンサートは、リストにシューベルト

    現代音楽2曲にガーシュインという

    うははは、ワタクシ好みのプログラム。

    (しかもコンサートの後に無料のお食事会あり(笑))


    ここ2週間ほどで、体重1キロ減ったのは

    嬉しいような悲しいような

    複雑な気分の私に

    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    え〜い、今回の音楽祭

    機会があれば、私はあのイケメン・バイオリニストの

    クリスティアンと1枚写真を撮りたい(切望中)


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.07.09 Thursday
      • -
      • 23:11
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM