<< ウィーン放送交響楽団 + コルネリウス・マイスター | main | 現代芸術 エッスル美術館 >>

国立バレエ「クルミ割り人形」今シーズン1回目

0

    Wiener Staatsoper / Wiener Staatsballett 2013年12月10日 19時30分〜21時40分


    Der Nussknaker

    Ballett in zwei Akten nach Marius Petipa und Lew Iwanow


    振付・演出 Rudolf Nurejew

    音楽 Peter Iljitsch Tschaikowski

    舞台・衣装 Nicholas Georgiadis


    クララ Maria Yakovleva

    ドロッセルマイヤー・プリンス Vladimir Shishov

    ルイーザ Emilia Baranowicz

    フリッツ Dumitru Taran

    父親 Gabor Oberegger

    母親 Rafaella Saint’Anna

    祖父 Christoph Wenzl

    祖母 Eva Polacek

    ネズミの王様 Attila Bak�・, Pietro Zambello

    小さなクルミ割り人形 Trevor Hayden

    雪の精 Reina Sawai, Prisca Zeisel

    スペインのダンス Emilia Baranowicz, Dumitru Taran

    アラビアのダンス Ketevan Papava, Eno Peci, Eva Polacek, Christoph Wenzl

    ロシアのダンス Rafaella Saint’Anna, Gabor Oberegger

    中国のダンス Marcin Dempc, Andr�・s Luk�・cs, Richard Szab�・

    パストラーレ Ioanna Avraam, Rui Tamai, Greig Matthews


    指揮 Paul Connelly


    月日はアッと言う間に過ぎて

    ついこの間まで、クルミ割り人形の追っかけしていたと思ったら

    2012年12月28日にシーズン千秋楽を観てから

    今シーズンは初めての上演。


    今回が11回目の上演で

    私にとっては9回目の鑑賞なので

    ・・・・ああ、もう言うまい。どうせアホですがそれが何か?


    「今月はバレエ「クルミ割り人形」を追っかけるの」

    と言った時の彼氏もどきの反応

    「お前は昔の男爵か?!

     バレエなんて貴族の男が

     堂々と女性の股ぐらを鑑賞するために作られたんだぞ」


    いや、それ、違うと思う(笑)

    まぁ、ある程度の真実はあるにしても(苦笑)


    「昔は男性が堂々と半裸の女性を観に通ったバレエは

     今や欲求不満の中年女が、男性の股ぐらを観に通うようになったのか」


    いや、それ、違うと思う(笑)

    観たいのは股ぐらではなくて、お尻です、お尻(こらっ!!!!)


    だって、バレエ・ダンサーの身体って

    本当に本当に本当に、人間の美の極地に近いじゃないですか。

    もともと素質があって美しい身体を

    子供の頃から鍛えに鍛えた身体が

    鑑賞する側に感動を与えないわけがない。


    さて、アホな話はさて置いて

    シーズン最初の「クルミ割り人形」

    チケットをプリント・アウトしてみてひっくり返る。


    何だこの席? 何で100ユーロもする席を買っちゃったの?!

    発売開始時にほとんどチケットが残っていなかった記憶はあるが

    (何せ2ヶ月前の話である)

    何か、勢いに任せて、えいっ、たまにはステキな席を買っちゃえ

    ・・・という感じだったのだろう。

    ステキな男性のステキなお尻を観たい、という

    欲求不満の中年女性の衝動買いかもしれない(自分で言うか)


    指揮者は昨シーズンと同じだが


    だが、だが、だが

    テンポ設定が あれあれあれ(以下省略)


    クララ役のマリアは

    本当にまぁ、何てピッタリな役柄。

    小柄だし、キュートだし

    マリアが演じると、クララがとてもリアルなのに


    後半のハイライトのシーンになると

    子供っぽかったクララから完全に変身して

    華やかで豪華な金平糖のダンスで

    見事に会場を唸らせる。


    テンポ設定というか

    ちょっと、あのぉ、指揮者さんどうしました?というか

    (バレエを専門に振っている人なので

     その意味では技術には長けているのだろうが

     しかし、舞台観てないですよ、この指揮者(爆))

    オーケストラは頑張っていて

    コンサート・マスターが

    これはいかん、ボクがリードしないと大変な事になる

    ・・・と思ったのかどうかはわからないが

    コンサート・マスターの真面目なバイオリンが

    ものすごい勢いで響いてくる。


    前半のクララと王子さまのデュエットで

    ううう、音楽とちょっとちょっと合わん・・・と思ったとたん

    最後のところで

    ウラジミールの支えのタイミングがズレて

    マリアを支え損ないそうになって

    観ている方はドキッとしたが

    そこらへんは、ベテランでプロの2人だから

    うまく誤摩化して、うまく見せた。


    ああ、怪我がなくて良かった・・・・


    昨シーズンと同じメンバーも多く出演していて

    後半のテンポは多少落ち着いてきて

    (でも、途中に結構派手にズレズレもあって

     ソロのあれ?もあって、ちょっとかわいそうではあった)

    後半の色々なダンスは、とても楽しい。


    アラビアのダンスを踊った

    ケテヴァンの色っぽさというのは

    本当にもう、何て素晴らしいのだろう。


    ケテヴァンは、この間のマノンでも

    レスコーの愛人役の表現が抜群に素晴らしかったが

    この人、本当に成熟したダンサーで

    身体の表現力が、ダイレクトに語りかけてくる。

    特出した個性があって、パッと目を引いて

    ああ、このダンサー、私、すごく好き ♡


    パストラーレのグレイグは頑張っているのだが

    (ちなみにパストラーレって、かなり難しいと思う)

    最後の最後で、かわいそうにちょっとよろけてしまった。

    でも、頑張ったね。

    品の良い「お坊ちゃま」タイプのダンサーだから

    これから伸びて欲しい。


    さて、金平糖のパ・ドゥ・ドゥだが

    ウラジミールとマリアのカップリングは

    もう、この上なく豪華である。


    例の片足バランスは

    ウラジミールの左足が

    一瞬、ものすごく高く上がって

    マリアが確かにちょっとだけ引っかかってはいたけれど

    本当に一瞬で

    あれで良かったのか?(疑問)


    まぁ、一応、キマったのかもしれない。

    だって、意図的かどうかはわからないが

    かなり舞台の奥の方でやったんだよ?

    私の記憶だと、昨年の他のダンサーは

    もう少し、舞台の前で最後のバランスを見せた(と思う)


    拍手の時に、オーケストラのメンバーが何人か

    今日はキマったのかな?という顔をして舞台を振り向いていた。

    そうですよね、オーケストラのプレイヤーだって気になるよね。

    しかもオーケストラのメンバーには舞台は見えないし(笑)


    何回も何回も観た舞台だけれど

    でも、この演目、何回観ても楽しいし

    豪華だし華やかだ。


    踊っている方は

    短時間での衣装替えも何回もあるし

    大変だと思うのだけれど

    子供にも、大人にも

    欲求不満の中年女性にも(拘ってるな・・・)

    万人が観て楽しい舞台。


    (モドキにも見せたいのだが

     バレエは全く趣味でないのでダメだろう。残念だ。

     もっとも、それでバレエに嵌って

     マリアがオルガがどうのこうの言い出したら困るのは私か(笑))


    1月の公演は仕事の関係で行けないので

    12月に「クルミ割り人形」はせっせと通う予定。

    次の公演は、クララ役のデビューがあるはず。

    クリスマス公演は我ら日本人の誇り

    ウィーン国立バレエ団のソリスト、橋本清香嬢が登場する。


    シツコイ私ですが

    どうぞ、これからもお付き合い下さい

    ・・・というワタクシに

    どうぞ1クリックをお恵み下さい。




    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.26 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM