<< テイキング サイド | main | ウィーン・フィル + フランツ・ヴェルザー=メスト >>

新日本フィルハーモニー + ハウシルト

0

    すみだトリフォニーホール 2013年2月8日 14時〜16時


    新日本フィルハーモニー交響楽団

    指揮 Wolf-Dieter Hauschild


    Johann Sebastian Bach (1685-1750)

    管弦楽組曲第3番ニ長調 BMW 1068

    Franz Schubert (1797-1828)

    交響曲8番 ハ長調「グレイト」 D944


    休暇中 うっふっふ。

    吐き気がする程買い物して

    明日ウィーンに帰る最後の日に

    コンサートに行った。


    おお、久し振りのナマ音。


    バッハの管弦楽組曲は

    指揮者のハウシルトがチェンバロ弾いて指揮。

    モダン・オーケストラだが

    ビブラートを使わない奏法で

    ちょっと固めのすみだトリフォニーホールに響く。


    でも、ちょっと、あの、その・・・

    普段、指揮者の指示に従っているオーケストラだからかもしれないが

    もう少し、アンサンブル聴いて欲しいな

    と言う感じの微妙なズレがある。


    弦の音も(まぁ、ピリオド奏法のせいかもしれないが)

    あまり響いて来ない。


    まぁ、それで良いのかもしれない。


    後半はシューベルトの8番で

    シューベルトはちょっと苦手で

    しかも


    繰り返しにニュアンスがない(涙)

    何か、オーケストラが寝てるような感じで

    今ひとつ輝くところが欠けている。

    テンポも遅め設定だし。


    第三楽章くらいから

    少し目覚めて、明るい感じの音色にはなって来たけれど

    アンコールのロザムンデも

    くすんだ感じの響きで


    う〜ん、私の感受性が鈍ったかもしれない。


    しかし、日本の聴衆って

    本当に静かだ。

    音合わせの時から

    すでにホールが静まりかえっているって

    ものすごく不思議な感じがする。


    ゲルハルト・ポッセの追悼公演という意味合いもあって

    暗め色調で良かったのかもしれないし

    しんみりと温かい感じの造りだったけれど


    ちょっと、あの緩み具合は

    リハーサル不足かなあ・・・(疑)


    さて、明日、ウィーンに帰ったら

    数日は地獄の日々だろう(ううう(涙))


    コンサート行きは

    仕事がむちゃくちゃでなければ

    水曜日から再開の予定の私に

    久し振りに1クリックをお恵み下さい。


    日本滞在も良いけれど

    やっぱり、そろそろウィーンに帰りたい(笑)


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.26 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM