<< ドイツ語上達法 その 4 発音編 | main | 夏の音楽祭が多すぎて、結構悩む の巻 >>

トーンキュンストラー + フェドセイエフ

0
    Schloss Grafenegg 2012年6月30日

    PRÉLUDE
    Reitschule 17時30分〜18時40分
    チェロ Narek Hakhnazaryan
    ピアノ Daniil Trifnov

    Frédéric Chopin (1810-1849)
     Zwölf Etüden op. 10 (1829-33)
    Pjotr Iljitsch Tschaikowski (1840-1893)
     Pezzo capriccioso für Violoncello und Klavier op. 62 (1887)
    Robert Schmann (1810-1856)
     Pantasiestücke für Violoncello und Klavier op. 73 (1849)
    Sergej Rachmaninow (1873-1943)
     Vocalise für Violoncello und Klavier op. 34/14 (1912)
    Niccolò Paganini (1782-1840)
     “Moses-Variationen” für Violoncello und Klavier (1818/19)

    TCHAIKOWSKI !
    Wolkenturm 20時〜22時30分

    Tonkünstler-Orchester Niederösterreich
    チェロ Narek Hakhanazaryan
    ピアノ Daniil Trifonov
    指揮 Vladimir Fedoseyev

    Alexander Glasunow (1865-1936)
     “Chant du ménestrel” für Violoncello und Orchester op. 71 (1900)
    Pjotr Iljitsch Tschaikowski (1840-1893)
     Rokoko-Variation für Violoncello und Orchester op. 33 (1876)
    Sergej Rachmaninow (1873-1943)
     Paganini-Rhapsodie für Klaviert und Orchester op. 43 (1934)
    Pjotr Iljitsch Tschaikowski
     Symphonie h-moll, op. 58 “Manfred” (1885)

    6月の最後の日だが
    基本的には、この間のオペラが、私の前半シーズンの最後になって
    これは、既に、グラフェネック城での夏の音楽祭の一環である。

    (で、秘密をばらすと
     1月1日〜この間の「エレクトラ」まで、総計で140回になった。
     いや、自慢にもならんし、そろそろ、本当に破産 (¨;))

    ウィーンは35℃まで上がり、太陽カンカン照りの、とんでもない夏日。
    午後からグラフェネック城にドライブする私。
    チケットは、プレリュードに楽曲解説までついて、9ユーロ90セント。
    (会員割引ではあるが)

    今回のコンサートは、昨年のチャイコフスキー・コンクール優勝者の
    ピアニスト ダニール・トリフォノフと
    チェロのナレク・アフナジャリャン。
    両方とも、20歳代前半。若いなぁ・・・ (^^;

    外は暑いが、プレリュードの行われるライトハレ(昔の厩)は冷房が効いている。
    17時30分からのプレリュードでは
    まず、トリフォノフが、ショパンのエチュード12曲。

    最初からエチュード12曲 (+_+) かましてくれるじゃん・・・

    以前、ウィーン・フィルとゲルギエフで聴いた時は
    巧いとは思ったけれど、そう印象に残っていなかったのだが

    ショパンのエチュード、すごく重層的に響いて
    音が濁らず、中の構造もキレイに見えてきて、面白い。

    それに・・・・

    このピアニスト、カワイイ (*^^*)


    (写真はオフィシャル・サイトから拝借)

    写真でも可愛いけれど
    弾き始めると、顔の表情が
    リアル・のだめというか、本当にタコみたいな顔をする。
    その上、表情がクルクル変わる。

    そして、不思議な事に、トリフォノフのピアノからは
    「俺サマ」の匂いがしない。
    人に印象づけるとかではなく
    自分が自然に音楽に寄りそって、その中に入っているのに
    ヘンにのめり込んで自分を失ったり
    あるいは聴衆に印象づけるために、大袈裟な表情を付けたりとかが一切ない。

    好みによっては、アクがない演奏、と思う向きもあるかもしれない。
    透明で、あまり、どぎつい色がない。

    変人のだめ系のトリフォノフに比べると
    チェロのアフナジャリャンは、もっと個性の強い演奏をする。
    弾き振りも、目を瞑ったり、身体を揺らしたり
    如何にもソリスト、という感じの、のめり込んだ演奏態勢。



    ↑ こういうハンサム君が、弾き始めると ↓ こうなる(笑)

     ← かな〜り、感じが変わる (^^)

    これに寄りそうトリフォノフのピアノが絶妙で
    絶対に厚かましく出ようとしないのが面白い。
    しかも、実に楽しそうに、ヘンな表情で(ほら、のだめだから)弾いている。

    プレリュードの時は、白いシャツだけだったアフナジャリャンは
    本コンサートの時には、燕尾服で登場。

    ・・・・まだ、たぶん32℃くらいあるけど (O.O;)(oo;)
    オーケストラの男性メンバーも、前半は上着を脱いで演奏しているのに・・・

    時々コンサート・マスターを嬉しそうに見たり
    自分の音楽にのめり込んでみたり
    白い歯を見せた半開きの口元で滔々とチェロを歌わせる。

    プレリュードで聴いた時は
    ヴィブラートかけ過ぎの感があったけれど
    あぁ、これ、大ホールでオーケストラと一緒に演奏すると
    これだけやらないと、音が伸びないのか、とストンと納得。

    前半が終わった後
    2人で出てきて、エルガーの「愛の挨拶」

    超絶技巧を惜しみなく披露した後に
    ポッと、心が温まるような、優しさに満ちた
    まさに「音楽=愛」そのものを聴かせてくれて
    瑞々しくて、若々しくて、ヘンな垢にまみれていなくて

    オバサンは感動した (*^^*)

    後半、野外音楽堂 Wolkenturm の向こう側に月が出て
    チャイコフスキーのマンフレッド交響曲。

    コオロギが・・・・(絶句)

    いや〜、コオロギって、スゴイ。
    数匹とは思うのだけれど、会場を圧倒するような音で
    ず〜〜〜〜〜っと演奏中に響き続ける。

    コオロギにしてみたら
    俺のナンパ活動を邪魔する気か! と
    オーケストラに負けない音量で、一生懸命鳴いていたのかもしれないが

    ずっと携帯電話の音を聞いているのと同じで
    コオロギばっかり聴こえてきて
    マンフレッドに集中すること、全くかなわず・・・(涙)

    マンフレッド交響曲って、そんなに演奏される機会はないはずなのだが
    何故か、何回か聴いてるなぁ。

    特に、国立バレエ団の「アンナ・カレーニナ」で
    カレーニンのソロが、このマンフレッドのテーマなので
    あれを聴くと
    目の前に「悩めるカレーニンの最初のソロ」が浮かんで来てしまう(苦笑)

    グラフェネック夏の音楽祭と言えば
    数年前まで、楽章途中での拍手が付きものだったのだが
    最近は、ウィーンから、コンサート通いをしている人たちが集まっている様子。

    プレリュードの時も、拍手のフライイングもなく
    (シューマンの時は3楽章だったから。でも、誰も楽章途中の拍手はしなかった)
    マンフレッドの第1楽章後に、数人が手を叩きそうになったのも
    何とか避けられた(周囲の人が注意すれば大丈夫なのだ)

    これでチケット9ユーロ90セントというのは、むちゃお得 (^^)v
    往復のガソリン代の方が高くつく(笑)

    楽友協会から、プレリュードに間に合う時間と
    本コンサートに間に合う時間の2本立てで、バスも出ている。
    (往復10ユーロ)

    炎天下の庭に、ワイナリーがテーブルを出して
    試飲会をしていたので、白ワインの香りが庭に漂っていて
    みんな、ワイン・グラスを手にしていたけれど

    いくら0.3プロミルまでは飲酒運転が許されているとは言っても
    自分の車で来ていたら、やっぱりワインは飲めない・・・ (T.T)

    楽友協会からの往復バスも使ってみるべきかなぁ、と
    ちょっとマジメに考えている私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    ウィーンに帰って夜の23時で外はまだ30℃ (~Q~;)
    これからも、毎日34℃の予想(ため息)
    スイカが食べたくて、スーパーで丸ごと買ってきて(6ユーロ!)
    一人でスイカばっかり食べてます (^.^)

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.26 Saturday
      • -
      • 23:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM