<< ヨナス・カウフマン テノール・リサイタル | main | ウィーン・フィル + ロリン・マゼール >>

シュライニング城塞 春の音楽祭 プログラム発表

0
    昨年はリスト・イヤーで、音楽監督だったクトロヴァッツ兄弟が忙しく
    行われなかった、シュライニング城塞での春の音楽祭。

    2012年のプログラム発表!!! → ここ

    5月15日(火曜日)から20日(日曜日)のマチネまで
    5月17日(木曜日)の祝日を挟んで
    いつものヨハネスとエディが、その仲間たちと、様々な楽しみを提供してくれる。

    17日(木曜日)は祝日だから、何とか行けそう。
    18日(金曜日)、会社を休むワケに行かないが、夕方17時に出れば
    19時30分のコンサートに間に合いそうだし・・・
    (で、もちろん、真夜中過ぎにウィーンに帰るのである)

    19日(土曜日) 15時30分〜17時30分のウィーン・フィルの定期があるので
    この後に、19時30分のコンサートに行くと、完全に遅刻になりそう。

    ウィーンからシュタットシュライニンクまでは
    距離なら134キロ。
    グーグルで見れば、走行時間1時間31分と出てくるが

    それは、信号でひっかかる事もなく
    渋滞もなく
    道に迷ってUターンする事もない、という状況でのドライブ時間である。

    ・・・ いや、シュタットシュライニングには、何回も行ってるから
    間違えないと思うけれど
    意外に、行った事があるから大丈夫、と油断していると
    突然、田舎のワケわからん村に彷徨い込んだりするので f(^^;)

    ウィーン・フィルの定期は、プログラムがモーツァルトだから
    土曜日のチケット、誰かに 押しつけて 譲っても良いか。

    本当は5月15日〜20日まで
    シュタットシュライニングのホテルに宿泊して
    (出演者も全員同じホテルだから、面白いのである)
    日中は近くの温泉(バート・タツマンスドルフが車で15分くらい)で
    ゆっくりとして、夜は音楽会、というのが理想なのだけれど

    それは、引退後のお楽しみ、という事で

    さて、オーガナイザーにバレないように
    (バレると、無料でチケットをくれたりしてしまうのだ)
    17日と18日と19日のチケットの申し込みをしようっと。

    早めにやらないと、売り切れになりそうだし(本気)

    クトロヴァッツ兄弟のファンの方も
    こじんまりして、家族的で、でも、むちゃクオリティの高い音楽会に行きたいという方も
    田舎で、コウノトリ見ながら(いるんです)、のんびりしたいという方も

    いらっしゃる方とは
    是非、会場にてお目にかかりましょう (^^)v

    手抜き記事で恐縮ですが
    ぜひ、1クリックをお願いします。



    会場は古城の中なので、↑ ほど華やかではございません。
    念の為。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.04.26 Friday
      • -
      • 19:00
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM