<< ファウスト 国立オペラ座 第2回目鑑賞記 | main | 20世紀の巨匠作品 プレミエ鑑賞記 >>

21er Haus

0
    ウィーンの南駅が解体されて
    現在、中央駅建設が始まっているのは周知の事実だが
    (2015年には駅として機能するようにして
     2019年には完成・・・と書いてある、一応。
     あまり誰も信じてはいないが。
      詳しい情報は ここ ただしドイツ語のみ)

    その横に、21er Haus と呼ばれている建物がある。
    大昔は、現代美術館だった。
    それから何年か、一応、建っているけれど、誰も顧みない、という建物で
    その後、ベルベデーレが管轄下に組み入れて
    2011年11月に再オープンとなった。

    14時にガイディングがあるとサイトで見て
    フォームから申し込みをして、行ってきた。

    建物そのものは1958年、ブリュッセルの万博に作られて
    1962年に、現在の場所に移されたもの。
    ブリュッセルの万博の時は、軽い建物を、という設計で
    下の部分はなかったそうだ。
    2007年から改築が始まり、下の部分、地下の部分を足した。

    オーストリアの新進芸術家をテーマにしていて
    現在行われている展覧会は

     ユートピア 総合芸術

    英語の字幕のついたクリップがここにあるので
    お時間のある方はどうぞ。

    ガイディングは建物の情報は最小限に留めて
    展覧会のいくつかの作品に言及。

    うううううん・・・・ (-"-)

    いや、ワタクシ、現代芸術、好きですよ。

    観ても何にもわからなくて
    頭から100個くらいのクエスチョンマークを盛大に打ち上げながら
    いったい、これは、ナンなんであろう????? と
    考えて考えて考えて
    自分の妄想の世界に飛ばせてもらうか
    それでも、よくわからん、あっはっは、要は冗談ね、と
    自分の理解力のなさを忘れて、笑ってしまうか。
    (という、非常に貧しい芸術鑑賞眼の人間なのだ。
     まぁ、仕方ない (-_-;))

    キュレータの話によれば

    リヒャルト・ワーグナーの楽劇に見られる総合芸術の概念は
    芸術と社会と人間を含む「総合」を目指すものの
    それはあり得ないユートピアであって

    だから何? (こらこら!)

    更に、総合芸術の動きの一環として
    ヨゼフ・ボイスの、カッセルのドクメンタでの
    7000本の樫の木プロジェクトとか

    オーストリアの芸術家団体が
    路上生活者の医療援助をする運動とか

    それのどこが、芸術活動????

    まぁ、キュレータさんも

      「芸術活動という名目であれば
       当局の許可が下りやすいから」

    とか、ワケのわからない事を言っていたから
    ご当人も、それが「芸術活動」だとは思っていないのだろう。わっはっは。

    1階(ヨーロッパ風に言えば「地階」)にあった作品のうち
    教会を、魚を捕らえる針金の上に、ブリキで作って
    窓から目が見てる、みたいな作品などは
    キュレータ女史がしてくれた説明より
    もう少し拡大解釈できるなぁ、というところもあったけれど

    ああいう作品を見ると

    あぁ、現代芸術って、作品としての美しさとかではなく
    いかにして、
    観ている人間の妄想を掻き立てるか
    というのが
    主題なのだなぁ、とつくづく思ってしまう。

    あと、マレーヴィッチを立体にしました、みたいな作品もあって
    マレーヴィッチの黒の正方形が、約100年後には立体になります、って

    ふ〜ん(自爆)

    2階のビデオ展示には、結構面白いものがあって
    芸術家の村運動と、ハリウッドを組み合わせたものとか

    ルネサンスの名画の人物を、生身の人間してしまって
    それを、写真のようなビデオのような作品にしたものとか
    (ベラスケスとかフェルメールとか知ってると、モロに笑える)

    建物は、そんなに大きくないから
    地下のヴォトルバのコレクションまで含めて観ても
    そんなに時間はかからない。

    建物自体は、コルビジェや
    ミース・ファン・デア・ローエの影響が強い。
    建築に興味ある方は、ぜひ一度、ご覧下さい。

    相変わらず寒いけれど
    来週は少し気温も上がりそう、という予報に喜んでいる私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。



    ツィッターのアイコンを着せかえて
    ちょっと、おねだりバージョンにしてありますが
    (スマート・フォンは見えないみたい。コンピュータのみ)
    どうせ、今年も誰も、何もくれません。
    (って、本当は、あげる方じゃないのか?
        ・・・ というツッコミはなしね (^^ゞ)

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.15 Sunday
      • -
      • 22:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM