<< 指揮者オタクが大笑いできるサイト | main | 久し振りの生意気ネタ >>

エッセル・コレクション

0
    水曜日に何もなければ
    (あるいは、むちゃくちゃ暑かったりしなければ)
    私の足が向くところ ・・・ 読者ご存知の通り

     エッセル・コレクション 

    毎週水曜日は、夜の9時までオープンしていて
    加えて、夕方6時〜9時までは入場無料という
    貧乏人 現代芸術ファンには嬉しい私立美術館である。

    まぁ、水曜日だけしか行かない、というワタクシのような人は
    あまり歓迎されないのかもしれないが (自爆) ← カオばれてるし f(^^;)

    仕事を早めに終える事ができて
    夕方7時過ぎに入ったら
    最初のルームで、あれっ? 何か、若くてカッコイイ男性が
    数人のお客さまを前に、作品の解説をしてる・・・・

    そう言えば、無料のガイディングがあります、みたいな記載が
    どこかにあったような気がする。

    「すみません、一緒に聞かせていただいても良いですか?」と
    ガイドさんに質問したら、「ぜひどうぞ」という答え (^o^)

    大きな特別展が9月1日から始まるので
    展示は、Wolfgang Herzig と Focus : Abstraktion
    そして、上の階の Tobias Rehberger のみ。

    最初の展示 Wolfgang Herzig は、今年70歳になるオーストリアの画家。
    エッセル氏が最初に購入した絵というのが ↓ これ。



    (写真はエッセル・コレクションの公式サイトから拝借)

    3つのルームに、それぞれの時代の絵があって
    画風の変遷がよくわかる。
    上にリンクしてある公式サイトのギャラリーでも
    時代ごとに分けてあるので、ご興味のある方はどうぞ。

    2つ目の部屋にあった、かなり大きな絵は、これ ↓


    (写真はエッセル・コレクションの公式サイトから拝借)

    連想すると、スーラか、アレキサンダー・カッツか
    タッチは繊細だし、ものすごい高度な技術と構成力で、かなりリアル。
    でも、人間の疎外がよく表現されている。
    (誰も他の人とコンタクトしていないのだ)

    後期の作品になってくると
    初期の華やかな色が影をひそめて
    パステル色の、でも、暗めの色調が中心になってくる。

    ガイドさんの話だと
    この画家は、とても社会的な問題に関心があって
    弱者を、リアルに、でも暖かい目で描いていると言う。

    確かに、リアルなのだが
    人物が、とても柔らかく、ある意味、とても人間が好きなんだろうなぁ、と思わせる。

    後期作品で、チクルスになっている社会批判的な色彩を帯びた作品もある。
    若くてハンサムなカッコイイ ガイドさんの説明を聞くと、よくわかる。
    具象絵画だから、まぁ、じっくり鑑賞すれば、内容は誰でもわかるけど。

    Herzig の展示会場を越えると、奥の部屋では
    Focus : Abstraktion という、これは、モロに抽象絵画だけを展示。

    色だけ、あるいは、カタチだけで作られた世界だが
    時々、圧倒的な迫力を持って迫ってくるものがある。
    (ほら、ワタクシ、コブラとか好きだし・・・ (^o^))

    最後の小部屋に集められていた
    Hans Bischoffshausen (1927 – 1987)の作品がステキ。

    ガイドさんの話では、パリに留学して
    フォンタナと親交があったそうで
    (ついつい、キャンバス切る真似して、ガイドさんに笑われた f(^^;)
     でも、知ったかぶり、好きなんだもん)
    キャンバスに絵の具を盛り上げたりして
    二次元から三次元への移行に貢献した画家の一人。

    その後、上の展示場に入って
    Tobias Rehberger の彫刻作品展へ。

     「この彫刻家の作品は、隣のショップで
      30ユーロにてライセンスを購入する事ができます。
      ライセンスを購入した人は、作品の写真を取ったり、サイズを測ったりして
      同じ作品を作る事ができる上
      出来あがった作品の写真を、彫刻家に送り
      その出来が満足行くものであれば
      彫刻家は、自分の作品として、カタログに載せます。
      これを持って、ライセンス所持者は
      その彫刻家のオリジナル作品を所有する事になるのです」

         ・・・・ 唖然 (/_)/

    いや、言われてみれば、すごいアイデアかも。
    自分は何もしないでカネが入ってくる。

    でも、展示してある作品(これも彫刻家が自分で作ったのではないそうだ)は
    どれも、これも、作品として大き過ぎて
    ワタクシには作れません (自爆)

    無料のガイディングの後は
    カフェーで無料のスパークリング・ワインのご招待、というのもあったが
    車で来てますから、と、スパークリング・ワインはお断りして
    最後の15分で、もう一度、一人で展示を観て
    閉館ギリギリに外に出た私は

    明日のオープニングの準備で来ていた若き芸術家に声をかけられ・・・

    え? 色っぽい展開????
             ・・・・ にはなりません(自爆)

    オートバイが壊れて(エンジンがかからなくて困惑していた)
    ウィーンに帰るなら、都合の良いところまで乗せていってくれないだろうか

    若くてハンサムで素敵な芸術家なら、いつでもどうぞ(こらこら!!!!)

    ウィーンまで20分ほどの道のりを
    グラフィックの芸術家と、現代芸術や、日本のコミック文化について
    楽しいおしゃべりをしながら、帰って来たのであった ↑(^^_)ルン♪

    明日のオープニングには来るの? と聞かれたけれど
    確か、招待状は来ていたが、仕事があるから行けません (^^ゞ
    11月中旬までの展示だから
    またいつか水曜日の夜に、無料で行く予定。
    (入場料払って見よう、という発想が全くない奴)

    若いカッコイイお兄さんを2人見たから、というワケではないが
    (いや、それもあるけど)
    楽しい現代美術鑑賞の時間だった。

    現代芸術も楽しいモノがたくさんある、と声を大にして言いたい私に
    どうぞ1クリックをお恵み下さい。

    人気ブログランキングへ

    ・・・ まぁ、水曜日に無料でしか行かない私に
    現代芸術をお勧めする資格はないんですけどね(笑)

    スポンサーサイト

    0
      • 2019.09.15 Sunday
      • -
      • 22:30
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>
      PR
      ★コンタクト・メイル★
      メイルはこちらへ
      ブログランキングに1クリックお願いします
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM